Hatena::Groupbook

読書ノート

2015-06-07

pp.208-9

「事実の真理*1」は、それが集団や国家に歓迎されないとき、タブー視されたり、それを口にする者が攻撃されたり、あるいは事実が意見へとすりかえられたりという状況に陥る。(…)「理性の真理*2」とは異なり、人びとに関連し、出来事や環境に関わり、それについて語られるかぎりでのみ存在する。それは共通の世界持続性を保証するリアリティでもあり、それを変更できるのは、「あからさまな嘘」だけであると言う。「歴史の書き換え」や「イメージづくり」による現代の政治的な事実操作や組織的な嘘は、否定したいものを破壊するという暴力的な要素をふくんでいる、とアーレントは指摘した。そして、現代では、ナチズムやスターリニズムの時代のイデオロギーとは異なり、回答ありきの問題解決パターン「イメージ」こそが、エリートたちから大衆にいたるまでの無思考性や判断の欠如を促していると考えた。

(…)

 現実、すなわちリアリティを欠いたまま歴史が進行していくことは、人間がみずからの尊厳を手放すことでもある。ところが、「問題解決家」と称するエリートたちによって、彼らの「理論」を優先する「イメージづくり」が熱狂的におこなわれた。事実や現実は無視されたのである。

[矢野久美子『ハンナ・アーレント/「戦争の世紀」を生きた政治哲学者』pp.208-9]


ISBN:9784121022578

*1:「政治的な領域をかたちづくり人びとが生きるリアリティを保証すべきものであるはずの歴史的出来事や「事実の真理」」(p.207)

*2:「数学や科学や哲学の真理といった「理性の真理」」(p.207)