Hatena::Groupbook

読書ノート

2015-06-05

p.156

彼らは他人を見聞きすることを奪われ(ディプライヴェート)、他人から見聞きされることを奪われる。彼らは、すべて、自分の主観的なただ一つの経験の中に閉じ込められ(…)無限倍に拡張されても単数であることに変わりはない。
(『人間の条件』第二章)

アーレントによれば、「私的」であるとは奪われているということを意味する。

[矢野久美子『ハンナ・アーレント/「戦争の世紀」を生きた政治哲学者』p.156]


ISBN:9784121022578