Hatena::Groupbook

読書ノート

2015-03-18

pp.127-8

これからの日本の社会づくりの思想とは何か(…)それは文学的、あるいは文化的に語られるべきものなのではないかと考えている。

(…)

 自分たちと等身大の(…)語りのなかには、人間たちが働き、暮らしていく世界での思想がこめられている。そして振り返ってみれば、近代以前の日本の思想はつねに文学によって語られてきた。

[内山節「文明の災禍」pp.127-8]


ISBN:9784106104374