Hatena::Groupbook

読書ノート

2015-03-18

pp.115-8

ごく一部のものの「世界最先端」を「日本は世界最先端」と故意に読み替えることによって、新しい日本のイメージをつくりだし(…)「世界最先端」かどうかなどということを問題にする必要のない分野の労働や生産を、重要視しない社会をつくっていくことにもなった。

(…)

 これからは、戦後史のなかで人々を引きつけたもの、その意味で力を感じさせたものが、次々に色あせていくだろう。(…)あるいは求心力のある象徴ではなくなっていく。(…)なぜなら戦後の発展のイメージを生みだした構造が壊れたのだから。

[内山節「文明の災禍」pp.115-8]


ISBN:9784106104374