Hatena::Groupbook

読書ノート

2014-07-05

p.54

 普通、イズムとは(…)いわゆる「べき論」です。しかし全体主義のイズムは、もっと広い(…)これが全体主義のイズムの特殊なところで(…)

とにかく全体が余すところなく同じ思想であればよい(…)広まれば広まるほど、(…)人々の頭の中の思想までもが必然的に同一化していく

[藤井聡「トータリズム(全体主義としての)グローバリズム」『グローバリズムが世界を滅ぼす』E.トッド・H-J.チャン・柴山桂太・中野剛志・藤井聡・堀茂樹 p.54]


ISBN:9784166609741