Hatena::Groupbook

読書ノート

2014-02-28

pp.315-6

十九世紀に(…)受けた恥辱によって、中国の指導者は国家主権や内政不干渉の偉大な信奉者となった。グローバル世界との正しい接触は、その価値観と矛盾しない

[ダニ・ロドリック「グローバリゼーション・パラドクス/世界経済の未来を決める三つの道」柴山桂太・大川良文訳 pp.315-6]

ISBN:9784560082768

p.299

感覚的であろうが現実的であろうが、各国の利害が異なる世界において、規制を調整したいと望むことは有害無益となり得る。たとえそれに成功したとしても、最小限度の共通点に基づく脆弱な協定か、あるいはどの国にとっても適切なものとはなり得ないより厳しい基準が生まれることになる。これらの違いを(…)包み隠すことができると仮定するよりも、その存在を認める方がはるかにいいのだ。

[ダニ・ロドリック「グローバリゼーション・パラドクス/世界経済の未来を決める三つの道」柴山桂太・大川良文訳 p.299]


ISBN:9784560082768

pp.295-6

世界貿易体制からさらに大きな利益を搾り出すためには、広範囲における制度に関する外科手術が必要となるだろう。それは、(…)国内基準や規制の調和にまで達することになるだろう。(…)制度の多様性や政策余地が(…)犠牲となるが、それと比べると得られる利益は全く一時的なものだろう。(…)実際、GATTの最後の貿易ラウンド(ウルグアイ・ラウンド)に対する失望が起こった後ではそれを望む声はほとんどない――(…)

 ドーハ・ラウンドが直面する困難は、貿易体制自身が袋小路に入っていることを暗示しており、世界で広く行われている利益が少なくコストの高い戦略の持つ問題のいい例となっている。

[ダニ・ロドリック「グローバリゼーション・パラドクス/世界経済の未来を決める三つの道」柴山桂太・大川良文訳 pp.295-6]


ISBN:9784560082768

p.292

 現行のセーフガード導入の手続きでは、輸出国について最恵国待遇を取ることが要求されており、その上、一時的な措置しか取ることが許されておらず、さらにセーフガードを適用する国が補償を支払うことが求められる。

[ダニ・ロドリック「グローバリゼーション・パラドクス/世界経済の未来を決める三つの道」柴山桂太・大川良文訳 p.292]

ISBN:9784560082768

pp.289-90

 今日直面する問題は、すでに実現している開放的な世界を維持可能なものとし、幅広い社会目標と調和させることだ。そのためには、多国間交渉の中心をきっぱりと変える必要がある。(…)交渉すべきことは、市場アクセスよりもむしろ各国の政策余地である。(…)

最終的に、持続可能な貿易体制は対外制約によってではなく、国内における政治的支持に基づくものだ。

[ダニ・ロドリック「グローバリゼーション・パラドクス/世界経済の未来を決める三つの道」柴山桂太・大川良文訳 pp.289-90]


ISBN:9784560082768

p.276

 貿易とは、つまるところ手段であり、それ自身が目的ではない。グローバリゼーションの旗振り役は、国際貿易の拡張のために政策や制度を変えろ、外国投資家をもっと惹きつけるべきだと、ひっきりなしにご高説を垂れて(…)目的と手段を取り違えている。

[ダニ・ロドリック「グローバリゼーション・パラドクス/世界経済の未来を決める三つの道」柴山桂太・大川良文訳 p.276]

ISBN:9784560082768

p.274

国際協力が「成功」するのは、最も強い国の選好を反映してはいるが、他の国には適合的ではないルールに行き着く時だけだ。(…)WTOルールは、その種の無理の代表である。

[ダニ・ロドリック「グローバリゼーション・パラドクス/世界経済の未来を決める三つの道」柴山桂太・大川良文訳 p.274]


ISBN:9784560082768

*1:「エラスムス大学の」