Hatena::Groupbook

読書ノート

2014-02-15

p.29#b

 市場と政府の二項対立――貿易と支配――は誤っており、真実を覆い隠している。市場の交換、特に長距離交易は、どこかから強制されるルールなしに存在しえない(…)グローバリゼーションの後の時代では、政府の支配や権力がもっと市場から切り離されていると考えるかもしれない(…)しかし、これは全くの間違いだ。(…)グローバリゼーションのあるところ、ルールがある。ルールのあるところ、誰かがそれを強いている――これこそが唯一の、真の問題である。

[ダニ・ロドリック「グローバリゼーション・パラドクス/世界経済の未来を決める三つの道」柴山桂太・大川良文訳 p.29]


ISBN:9784560082768