Hatena::Groupbook

読書ノート

2014-01-26

p.189

 心経写経は、もともと天災や疫病等に際して、その功徳を祈念して継承されたものである。(…)神武天皇の建国の大方針として日本書紀に伝えられているように、「夫れ大人(ひじり)(のり)をたてて、義必ず時にしたがう。いやしくも(おおみたから)に利あらば、何ぞ(ひじり)(わざ)をさまたげむ」という、御歴代天皇の国民(おおみたから)愛護救済の大御心の発露である。

[田中卓「愛子さまが将来の天皇陛下ではいけませんか/女性皇太子の誕生」p.189]

【緊急特報】朝日新聞のスクープは山折論文の弱点を炙りだす/青々企画代表 田中 卓 第6回



参考

藤井聡「『土木叩き』の民俗学」(土木を語る 第4回) - YouTube

ISBN:9784344983335