Hatena::Groupbook

読書ノート

2013-11-18

pp.145-6

カール・ポランニーは、階級を越えて流通する国民通貨がナショナル・シンボルとしての役割を果たし、ナショナル・アイデンティティを形成すると指摘している。「政治的には、ネイションのアイデンティティは政府によって確立されるが、経済的には中央銀行において成立する(Polanyi 1957:205)

[中野剛志「国力とは何か―経済ナショナリズムの理論と政策」pp.145-6]

ISBN:9784062881159