Hatena::Groupbook

読書ノート

2013-10-24

p.24

言い換えれば、グローバル化という現象は、貿易国間に互恵的(…)とされる自由貿易理論の前提を掘り崩すものだということ(…)

日本の産業界は、(…)比較優位論の前提のひとつを自ら破壊しておきながら、自由貿易の推進に賛同しているというわけである。

[中野剛志「誠実な経済学者であるならば、TPPに反対しなければならない」『農文協ブックレット TPPと日本の論点(農文協ブックレット2) 』農文協編 p.24]


ISBN:9784540103025