Hatena::Groupbook

読書ノート

2013-10-08

p.46#a

 翻って考へてみると,我々は時間に関しても,「重心」を今日(けふ)といふ〈特殊〉を本質とする時に置く事によってはじめて,過去との間に具体的普遍と称せられるべき潑剌とした関係を打ち樹て,同じく具体的普遍と称せらるべき的確なイメージや展望を未来に関して得る事が出来ると言へる。 今日といふ時を十全に生きる事によつてはじめて,過去が生き生きと蘇るのを感じ,未来に対しても肯定的な気持で臨む事が出来るやうになるとさへ言へる。 今日といふ時に「重心」を置き,この特殊な時を十全に生きる事を条件としない,いかなる過去像や未来像も,たとへそれがどのやうに壮大な体系の産物であらうとも,空疎であると同時に,危険である事を免れない。

[照屋佳男「〈特殊〉の存在理由 」『ソシオサイエンス』Vol.9 p.46]

ISSN:1345-8116

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/xyn9/20131008