Hatena::Groupbook

読書ノート

2013-10-08

p.37

保田に代ってもう少しはっきり言ふと,正義も秩序も,日本国の〈特殊〉とは無縁に,国際社会にしか存しないから,国際社会に「重心」を置いて平和を求めなければならない,といふ事で,問題は,国際社会といふ外在的なものが正義,秩序,そして真理の存在根拠であるから,そこに「重心」を置くべきであるとする思想,即ち啓蒙思想を母体とする思想が唯一絶対のものとされてゐるところにある。

(…)

 要するに世界に文明の理念はたゞ一つしかないといふ軽卒な考へ方に立脚し「近代」の考へ方を唯一のものとして考へた思想の表現です。これは実に困ったことですが,結局は事大主義の現れなのであります。(保田與重郎)

[照屋佳男「〈特殊〉の存在理由 」『ソシオサイエンス』Vol.9 p.37]


ISSN:1345-8116