Hatena::Groupbook

読書ノート

2013-08-02

xyn920130802

p.161

学資保険の内容変更(…)程度のものならば、(…)カトラー代表代理レベルでもよかった。(…)首脳会談では「金融サービス」の「保険」において、もっと大きな犠牲が払われたのではないか

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.161]

ISBN:9784087206951

p.160

オバマ大統領は政治献金が多いとおぼしき(…)「ニュー・バランス」に配慮して、履物の例外品扱いを言い出し、「ウォール・ストリート・ジャーナル」に「ダブルスタンダード」と批判された

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.160]


参考

YouTube

ISBN:9784087206951

p.159

「理屈を一から作る」ことは、今回のTPP問題においても(…)盛んに行われてきた。それは郵政民営化と同様、(…)結論ありきで始めた議論だからなのである。

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.159]

ISBN:9784087206951

p.158

「郵貯を民営化すれば官から民になるというのは、国債を抱えている主体が(…)というだけのことで、それ以外に何の意味もない。(…)」(高橋洋一)

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.158]

ISBN:9784087206951

p.155-6

 二〇〇五年の衆議院選挙(…)実は、小泉純一郎元首相が主張していた郵政の問題点はすでにすべて解決していた。

(…)

訪米の際に(…)大統領に簡保市場の開放を約束してしまったが、日本国民を丸め込んで説得する理屈がなかったのである。

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 pp.155-6]

ISBN:9784087206951

pp.154-5

政府の「TPP交渉の現状」では繰り返し「(…)合意は形成されていない」と記載しているが、(…)「アメリカは金融サービスについてもISDS条項で攻める気であるのは否定できない」ということ

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 pp.154-5]

ISBN:9784087206951

p.154

「レベリング・ザ・プレイング・フィールド」の論理は公正のロジックではなく共同体性を破壊するグローバル金融に特有の「収奪のレトリック」に過ぎない。

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.154]

ISBN:9784087206951

p.152

アメリカはWTOにおいて金融サービスの自由化を目指して挫折し、その克服としてFTAやNAFTAなどのRTA戦略を展開してきたのである。

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.152]

ISBN:9784087206951

p.148

保険市場拡大が日本の郵政民営化を背後で推進した最大のモチーフであったし、また、TPPにおける「金融サービス」の市場開放の目的でもある。

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.148]


ISBN:9784087206951

p.147

二〇一二年に(…)「改正郵政民営化法」が成立(…)同年五月にはUSTRの(…)カトラー代表代理がやってきて(…)外務省や総務省の高官立ち会いの下(…)社長である斎藤次郎氏に「がん保険への参入は凍結する」と言わせた。

 その後も郵政担当大臣が変わるたびに駐日ルース米大使がやってきて、「かんぽ生命の新規事業はどうかと思う」とか「郵貯の新規事業は問題だ」とか

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.147]

ISBN:9784087206951

p.145

狙っているのは参加国の公的制度の「廃止」などではなくて「変更」である。

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.145]

ISBN:9784087206951

p.142

TPP参加を前提とするCSISのレポート「復興とより強き未来のためのパートナーシップ*5」では、アメリカの識者からアイディアをもらって外国の企業と組んで、東北特区で「コスト・エフェクティブ」な新しい医療制度を実験することになっている。

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.142]

参考


ISBN:9784087206951

pp.138-9

シンクタンクのレポートが発表されると、日本のTPP推進派がそれを()()みにしたような言説(…) 自由貿易の拡大だと言われれば自由貿易だ(…)実は安全保障だったとされると安全保障が重大だ(…)中国の封じ込めとなると中国の封じ込め(…)中国との協調も考えると言い出せば、中国とのFTAも推進

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 pp.138-9]


ISBN:9784087206951

p.138

TPPについて盛んにコミットしたシンクタンクは、ピーターソン国際経済研究所とCSIS(…)自前のスタッフの他に大学の研究者などに委託して(…)レポートを書かせ、魅力的なTPPについてのプランを提出させて、それを(…)国内だけでなく日本のマスコミや政府機関に提供してきた。

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.138]

ISBN:9784087206951

p.137

作業をしているのは日本の官僚たちで、彼らはTPPに参加することを前提で、アメリカの行政府やシンクタンクなどから情報をもらいながら延々と作業を繰り返してきた(…)アメリカの行政府やシンクタンクを動かしているのはアメリカの圧力団体である。

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.137]

f:id:xyn9:20130802025329j:image

[東谷暁「TPPは金融サービスが『本丸』だ」『TPP 黒い条約』中野剛志編 p.139 図版2 日米のTPP交渉をめぐる連携と圧力の構図]


ISBN:9784087206951