Hatena::Groupbook

読書ノート

2012-10-18

pp.178-9

| 05:22

島田(しまだ)三郎(さぶろう)(…)

井上毅らの(…)おもな根拠は、次のようなものだった。

①(…)「不婚」は強制ができない。そうすると、“男尊女卑(だんそんじょひ)”の国内感情に照らして、女帝の夫(皇婿(こうせい))は女帝より上位に見られる。それは結局、天皇という地位の尊厳を傷つけることになる。

(…)

③女帝が国民男子を配偶者とし、両者の間の子どもが即位した場合、ヨーロッパの「風俗」でも、男系によって継承される日本の“(せい)”の「慣習」でも、血統が配偶者のそれに交替(こうたい)したと見られてしまう

[高森明勅「歴史で読み解く女性天皇」pp.178-9]


ISBN:9784584123812