Hatena::Groupbook

読書ノート

2012-04-14

p.199

| 19:28

 (福沢曰く)大事なのは国家の独立であり、それを支える国民の独立の意識である。そして、国民の独立心に支えられた国体は「金甌無欠」であり、その結果として、皇統は連続性を保つ*1。(…)これまで、(…)たまたま、外国から支配されなかっただけに過ぎない。近代世界に参入せざるを得なくなった以上、偶然の独立に安住することは許されない。「我日本に外人のいまだ来らずして国の独立したるは、真にその勢力を(ゆう)して独立したるにあらず。ただ外人に触れざるが故に、偶然に独立の(たい)()したるのみ」[文明論之概略巻之六‐三〇〇]

中野剛志『日本思想史新論』 p.199


ISBN:9784480066541

*1:pp.197-8