Hatena::Groupbook

読書ノート

2019-05-10

pp.38-9

 京都が都になる以前、奈良が平城京として都であった時代(…)国家貢納物の種類は、大雑把にいって、日本海側や西日本の地域からは米などの重い貨物が多かったのに対し、東日本の太平洋側は絹や真綿といった軽い貨物が多いのが特徴で(…)都が京都に遷った後、(…)

若狭((…))以外の北陸地方の各国の貢納物は、海路の場合にはそれぞれの国の港から越前の敦賀((…))へ輸送され、そこから琵琶湖の北岸の町である塩津(しおつ)へ陸送され、琵琶湖の水運を利用して大津へ運ばれ、後は陸路で(…)若狭国からの貢納物は、陸路琵琶湖の西岸の勝野津(かちののつ)へ輸送され、そこから琵琶湖水運を利用して大津へ回漕され(…)東日本から運ばれる貢納物は、主として「東山道」(…)を通り、琵琶湖の東の朝妻(あさづま)(現在の米原市)に集められ、そこから大津へ回漕されたものと思われ(…)

琵琶湖においては大津が物資の集散地として重要な役割を果たしていたように見えます。ちなみに、大津は、(…)天智天皇が、(…)大津京として都と定め(…)天武天皇元年(六七二)に(…)廃絶してからは(…)「古津」と地名を変えていましたが、京都が都となったことで、いわばその外港の役割を果たすことになり、再び大津と改称されました。

[徳仁親王『水運史から世界の水へ』pp.38-9]


ISBN:9784140817728

2019-05-09

p.2

 水問題は、あたかも水がどこにでも流れていくように、世界の紛争、貧困、環境、農業、エネルギー、教育、ジェンダーなどさまざまな分野に縦横無尽に関わってきます。(…)水を通してこれらの問題に関心を持つことができたことは、とても有意義であり、私の視野を大きく広げてくれた「水」に感謝しています。

[徳仁親王『水運史から世界の水へ』p.2]

ISBN:9784140817728

2019-03-20

pp.240-1

 ハッキリと言っておきたいのは、逆進性があるために消費税は悪税であると断定するのは、まちがっているということだ。

(…)逆進性があるとしても、税収を適切に給付に向ければ格差は小さくなる(…)

 むしろ問われるべきは、(…)その他の税をどのように組み合わせていくのかという点にある。

(…)

 税は社会の公正さへの考え方を映し出す鏡である。(…)そこに政党の思想が表れる。(…)財源論とあるべき社会の姿を各政党が論じ合い、競い合う時代をめざさねばならないのである。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』pp.240-1]

ISBN:9784480071927


pp.221-8

問題としたいのは、(…)僕たちが「当然にあるはずだ」と信じているものの存在、そしてその存在の危うさだ。

(…)言葉はそっくりリアリティを失ってしまう。

(…)当たり前の共通善について、なぜそれが必要かと説明せねばならないうえに、その必要性が伝わるどころか、かえって社会の対立を深める。

[井手英策・今野晴貴・藤田孝典『未来の再建─暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン』pp.221-8]

ISBN:9784480071927