雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-12-14

[][]778 00:07 778 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 778 - 雲上読記 778 - 雲上読記 のブックマークコメント

インディヴィジュアル・プロジェクション (新潮文庫)

インディヴィジュアル・プロジェクション (新潮文庫)

 五年前に親がくれて、そのままずっと積んでしまっていた。阿部和重芥川賞を受賞した折に読もうとしたのだが、どうしてか手につかなかった。さすがにそろそろこの本を読まないと、読書系を名乗れないので気合いを入れて読んだ。五年前にも一度、読んだ序盤はやはり「ああ、あのときも暫らくはこういう文体から離れようと思って投げたんだった」と思わせたが、しかし中盤から面白くなってきて、不思議な魅力に抱き締められたように最後まで読んでしまった。とりあえず、阿部和重は、もう数冊ほど読む必要性を感じた。

 東浩紀が解説を書いていることに驚いた。もし五年前にこの本を最後まで読んでいたら、秋山の読書遍歴はもう少し違ったものを辿っていたかもしれない。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20051214