雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-13

[][]799 19:17 799 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 799 - 雲上読記 799 - 雲上読記 のブックマークコメント

クール・キャンデー (祥伝社文庫)

クール・キャンデー (祥伝社文庫)

 面白かった! 本書を勧める人は、何処となく含みを持ったような口調で勧めるので、てっきり駄作、あるいはそれに準じたものなのかと思いきや、ぜーんぜんそんなことはない。面白いじゃん。

 などと、思わず軽い口調になってしまうのは主人公が14歳の女の子だから。文体自体はホワイトハートやコバルトだけど、展開そのものは宮部みゆきに近いかもしれない。最後の一撃もあるし、読みやすかったし、もう大満足。唯一、不満を言えば、本書を読んだ時期。未読の方は、是非、夏の一番暑い日に読んでほしい。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20060113

2005-01-01513-524

[][][]ぼくのミステリな日常 ぼくのミステリな日常 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ぼくのミステリな日常 - 雲上読記 ぼくのミステリな日常 - 雲上読記 のブックマークコメント

ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)

ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)

 面白い。

 創元推理には、日常の謎で短編連作を行い、最後の一章で短編集だと思っていた作品が実は長編小説だったのだと気づかされる珠玉の作品があるが、恐らくはこの作品はその先駆けではないだろうか。とても素晴らしかった。

 物語は社内報を作ることになった若竹七海が、知り合いの知り合いに小説原稿を頼み、それを一年間連載した上で、ラストに作者と感動の対面を果たすというもの。主となる十二編の短編は、ミステリもあれば恋愛もあればSFらしきものもあるが、最終的に謎が解かれるという点ではやはりミステリなのだろう。少し前に読んだ『掌の中の小鳥』という作品ほど鮮やかではないけれど、さすがに怒涛の十二連打となると迫力もある。そしてやはり何よりも素晴らしいのは、その十二作の中に綿密にして密やかに張り巡らされた伏線の数々だろう。小粒の物語をそれだけに淡々と受け取ってしまうのではなく、幕間に用意された何でもない文章が、実は計算されたものなのだと知ったとき、そして事件を斜め上から俯瞰することで全く異なる新たな一面が浮き上がった瞬間は、本当に感動的だった。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050101