雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-19

[][]805 11:16 805 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 805 - 雲上読記 805 - 雲上読記 のブックマークコメント

わたしたちの田村くん〈2〉 (電撃文庫)

わたしたちの田村くん〈2〉 (電撃文庫)

 前巻から間を置かずに読むべきだったとやや後悔。

 一ページ目から高テンションで、しかも主人公と相馬の関係が何処まで進展していたか覚えていなかったので(でもエッチしたと直接的な描写はなかった、はず)、物語世界に入り込むのに時間が掛かってしまった。しかし、それにしても主人公のヘタレっぷりは酷い、酷すぎる。何処の世界の鳴海孝之、もしくは丘野真だろうか。この甲斐性なしには絶望した!

 いずこのレビューサイトであったかは失念したが、「一巻で描かれているのが、女の子に向かって走る田村くんならば、二巻で描かれているのは田村くんに向かって走る女の子たちだろう」と評されていた。言いえて妙だと思いはするが、主人公のヘタレっぷりが本当に酷すぎるので、そういう意図があったのだとしても薄らいでしまっている。しかし、まあ、こういうのもライトノベルの文脈ではありだし、こういう斜め上を行く作品はいいだろう。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20060119

2005-07-31687-689

[][][]わたしたちの田村くん わたしたちの田村くん - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - わたしたちの田村くん - 雲上読記 わたしたちの田村くん - 雲上読記 のブックマークコメント

わたしたちの田村くん (電撃文庫)

わたしたちの田村くん (電撃文庫)

 ライトノベルらしいライトノベル。こういうライトノベルが読みたかった。ライトノベルを読みたい人はこれを読め! みたいな。安心して、落ち着いて取り掛かれるラブコメ。こういう毒の混じってない電波は好ましくて好き。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050731