雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-02-28

[][][]859 17:17 859 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 859 - 雲上読記 859 - 雲上読記 のブックマークコメント

追憶の欠片―されど罪人は竜と踊る〈6〉 (角川スニーカー文庫)

追憶の欠片―されど罪人は竜と踊る〈6〉 (角川スニーカー文庫)

ザ・スニーカー』に掲載された四編に書き下ろし一編を加えた連作短編

 ついに面白い! と叫べるほどに面白くなってきた。

 実にドラマと問題提起に溢れているのだ。今までのバトルシーンやアクションシーンは、難解な物事を力技で解決しようという雰囲気だったが、ここに来て戦うことに現実味が出てきた。と言うか、争いは悲しみと憎しみしか生まないのだね……。

 また、普段はライトノベルを読まないSF読みの人が、このシリーズだけは読んでいて、ようやくその人がこのシリーズを追っている理由が分かった。アンドロイド問題や宗教問題、自己犠牲に戦争……SFかもしれない。

 最高に気に入ったのは「覇者に捧ぐ禍唄」。特に94ページから105ページまでの展開が至上。その後の展開には思わず「なんてことだ……」と呟いてしまった。人はどうしてか弱く、不安を感じてしまう存在なのだろう。

[][][]860 00:31 860 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 860 - 雲上読記 860 - 雲上読記 のブックマークコメント

ザ・スニーカー』に掲載された三編に書き下ろし二編を加えた連作短編

 前巻に引き続き、高いレベルの短編集。もうどの作品を取っても不満はない。持ち上げては落とし、持ち上げては落とし、持ち上げては落とす……と見せかけて幸福のままに終わったり。著者の掌の上で踊らされている感が否めないが、面白いのだから仕方がない。「黄金と泥の辺」には、あまりにもあんまりな結末に唇を噛み。「しあわせの後ろ姿」には、現実的過ぎる恋人の別れ方に身が引き裂かれる思いを感じ。「三本脚の椅子」には、芸術の門を敲くものの孤高と孤独を知り。「優しく哀しいくちびる」には、涙が出るほど大爆笑した挙句、279ページに感動して秋山号泣……までは行かなかった。秋山嗚咽、ぐらい。「翼の在り処」は、まあ、どうでもいいや。

 刊行ペースを見ると、そろそろ八巻が出てもいい頃合い。楽しみだ。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20060228

2006-02-16

[][]855 01:55 855 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 855 - 雲上読記 855 - 雲上読記 のブックマークコメント

 濃い描写と軽妙な罵りあいがあるからまだいいとして、正直なところこの長さでこういったバトルが延々と続くのは、読めないほどではないけれど苦痛。事件自体も入り組んでいるので、じっくりと読んだり、要所要所で読み返さないとストーリィを理解できないし。ラスボス登場かと思いきやそうではないし、主人公とジヴの関係をはじめ、幾つかの問題は放り出されたままだし、色々と首を傾げてしまった。何だかんだ言って萌えるキャラクタがいるわけではないし。

 次は短編集。やや期待。

[][]856 14:17 856 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 856 - 雲上読記 856 - 雲上読記 のブックマークコメント

災厄の一日―されど罪人は竜と踊る〈3〉 (角川スニーカー文庫)

災厄の一日―されど罪人は竜と踊る〈3〉 (角川スニーカー文庫)

ザ・スニーカー』に掲載された短編五編に書き下ろしを一編加えた連作短編集。「翅の残照」のみ既読。全体的には長編と同じく事件があって、それをアクションで解決するという流れなのだが、「道化の予言」と「禁じられた数字」が面白かった。

「道化の予言」は閉鎖空間の中で殺人事件が起こり、犯人が人狼であることは分かったけれど、誰が人狼か分からないというもの。冒頭で呈された手品が、事件全体の構造を暗喩していて、ミステリ風であることに加え、人狼BBS好きの秋山としてはかなり楽しむことが出来た。

「禁じられた数字」はキャラ小説。今までの作品に登場したキャラを使って会話させているだけなのだが、これが抱腹絶倒。本当、浅井ラボは罵倒悪戯悪意不平不満を書かせれば右に出るものを許さない。何度も笑ってしまった。

 四巻と五巻は共に長編で表紙が似ているけれど、上下巻の関係にあるのかな?

[][]857 21:46 857 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 857 - 雲上読記 857 - 雲上読記 のブックマークコメント

 後半はやや退屈だったが、全体に緩急がついて、アクションパートがうまくアクセントになっているので流れるように読むことが出来た。しかし、思ったとおり五巻に続いており物語自体は何とも言えないところで終わっている。

 それにしても、主人公とその恋人の関係が秀逸。実にリアリティに溢れているのだ。確かにこんな主人公だったら、恋人も愛想を尽かすだろうよ。社会的身分のある男に流れるのも分かる。ふたりの関係だけを抽出すれば、充分、ライトノベル以外の領域でも浅井ラボは書けるのではないだろうか。

[][]858 22:13 858 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 858 - 雲上読記 858 - 雲上読記 のブックマークコメント

「くちづけでは長く、愛には短すぎて。そして、楽園はあまりに永く」

 なるほど、これは凄絶だ。ライトノベルの中で酸鼻極まる凄惨なシーンの出てくると名高い著者の真髄を、本書で初めて見た気がした(いや、今までもあるにはあったが、特筆するほどではなかった)。単にグロかったりエグかったりするのではなく、人間の醜い内面を、物理的に精神的に浮き彫りにしているような感じだ。これは中高生が読んだらトラウマになるのではないだろうか? そして結末も、同じように酷だ。『ラグナロク』や『トリニティブラッド』的なものを期待していた読者は、本書で追うのを止めるのではないだろうか。萌えキャラも尽くが、西尾維新の著作と同じような末路を辿るし。そして鬱展開やライトノベルとは思えない、ヘビィでグログロ好きな読者は、ここから熱狂的なファンに変じるだろう。つまりはそういうシリーズ。当然、秋山は次も読みます。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20060216

2006-02-15

[][]854 15:58 854 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 854 - 雲上読記 854 - 雲上読記 のブックマークコメント

されど罪人は竜と踊る (角川スニーカー文庫)

されど罪人は竜と踊る (角川スニーカー文庫)

 3年ぶりに再読。以前に読んだときは、第8章までの筆致があまりに不躾で、西尾維新を劣化させたように思えたが、古川日出男舞城王太郎を経た今、たいして苦ではなかった。むしろ読みやすくなってしまう後半より、アイデアとキーワードをこれでもかとぶち込んだ前半の方が、味わい深いかもしれないとゲテモノ趣味を覚えてしまいさえする。

 落ちを覚えていたので、展開に驚きは感じなかったが、意外に構造がしっかりしていたのだなと思った。角川スニーカーの中では人気シリーズで、後の方ほど人気が高いので、きっと語り口と罵りあいが洗練され、展開に緩急がつけられていることだろう。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20060215