雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-08-01420-436

[][]月と闇の戦記2 守護者(ガーディアン)はぶっちぎり。 月と闇の戦記2 守護者(ガーディアン)はぶっちぎり。 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 月と闇の戦記2 守護者(ガーディアン)はぶっちぎり。 - 雲上読記 月と闇の戦記2 守護者(ガーディアン)はぶっちぎり。 - 雲上読記 のブックマークコメント

 グリーン・ハイツの居住権と月収を騙し取った退魔師にして超貧乏青年の菊名隆夫はしかし、同居人の伊勢楓が村西結宇という女子高生を連れ帰ってきたせいでこの時代を覆う敵に目をつけられてしまう。神の力を失ってしまっている伊勢滋也と楓は、恐るべき能力を駆使する敵を相手にどう戦うか――!

 今回は敵勢を集中的に描き、最後にまた本筋へと話の流れを戻すというパターン。神の力を失っている伊勢滋也が、いかにしてその力を取り戻すのか、その仕組みが見えたときストーリィ全体に敷かれていた伏線の正体がようやく分かり、俄然、面白くなってきた。次巻は最終刊、楽しみである。

[][]月と闇の戦記3 神様はしらんぷり。 月と闇の戦記3 神様はしらんぷり。 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 月と闇の戦記3 神様はしらんぷり。 - 雲上読記 月と闇の戦記3 神様はしらんぷり。 - 雲上読記 のブックマークコメント

 ついに正面衝突するイフカの神々と、神としての能力を取り戻しツクヨミそしてカエデとなったグリーン・ハイツの住人たち。明かされる菊名隆生の正体と、法印美和の真意。

 シリーズ最終巻、ツクヨミたちも復活し、ツユネブリもいかにも森岡浩之著書に登場する皮肉キャラとして喋りまくり、ようやく『月と炎の戦記』の続編という感じになった。今までののんびりと蛇行してきた冗長さ完全に失われたものの、代わりに異常なまでに展開が早く、きっと読者人気投票で結果が冴えなかったのだろうなと窺わせてくれる。せっかく面白くなってきたのにすぐ終わってしまった残念だ。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20040801