雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-07-23678-680

[][]ラス・マンチャス通信 ラス・マンチャス通信 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ラス・マンチャス通信 - 雲上読記 ラス・マンチャス通信 - 雲上読記 のブックマークコメント

ラス・マンチャス通信

ラス・マンチャス通信

 現実の中に幻想を持ち込めてしまえる作品。

 作中に描写されている世界は、いずれも少しずれた現実。家の中によく分からないアレは存在しているし、火山から吐き出された灰は年がら年中ずっと降りそそいでいる。しかし主人公はそれらに違和感を感じつつも、それを現実として認識し、日常の中に取り込んでしまっている。それが狂気。それが幻想。つまりは、少しずれた現実を楽しむ作品なのではないだろうか。と、仮初であっても答えを出した今でも首を捻ってしまうけれど。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050723