雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-02-03

[][]821 00:04 821 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 821 - 雲上読記 821 - 雲上読記 のブックマークコメント

予告探偵―西郷家の謎 (C・NOVELS)

予告探偵―西郷家の謎 (C・NOVELS)

 秋山大爆笑。

 様々な方が本書について語るとき言葉を濁しているときに気づいた。まさか地雷なのではないか、と。もしそうならば、この秋山こそが読まなくてはならないだろう、と何故かそう思った。

 読了間際、明かされたあまりにもくだらないトリックに思わず噴出してしまった。最高である。一本取られたと言うか、一本取られたけどこれっぽっちも悔しくないと言うか。この手のバカミスは秋山が先に書きたかったと、むしろそういう意味で悔しい。あー、それにしても面白かった。笑った笑った。え、本編に関して? ううん、いいんじゃない!

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20060203

2005-04-12582-585

[][][]昨日の殺人 昨日の殺人 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 昨日の殺人 - 雲上読記 昨日の殺人 - 雲上読記 のブックマークコメント

昨日の殺人 (講談社文庫)

昨日の殺人 (講談社文庫)

 殺人三部作の三作目、シリーズ随一の出来。非常に素晴らしかった。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050412

2005-03-29571-574

[][]休日探偵ムナカタ氏2 突然花咲く花壇のなぞ 休日探偵ムナカタ氏2 突然花咲く花壇のなぞ - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 休日探偵ムナカタ氏2 突然花咲く花壇のなぞ - 雲上読記 休日探偵ムナカタ氏2 突然花咲く花壇のなぞ - 雲上読記 のブックマークコメント

http://www.so-net.ne.jp/e-novels/nov/o002/o0020003.html

[][]休日探偵ムナカタ氏3 気まぐれな老婦人のなぞ 休日探偵ムナカタ氏3 気まぐれな老婦人のなぞ - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 休日探偵ムナカタ氏3 気まぐれな老婦人のなぞ - 雲上読記 休日探偵ムナカタ氏3 気まぐれな老婦人のなぞ - 雲上読記 のブックマークコメント

http://www.so-net.ne.jp/e-novels/nov/o002/o0020004.html

「休日探偵ムナカタ氏シリーズ」と銘打たれたこのシリーズは、閑職に飛ばされ休日に近所を歩き回って謎を探して解決することで暇を潰すムナカタ氏を主人公に、日常の謎を描いている。非常に短く、読みやすく、よい短編だった。探偵が歩き回って事件を探すというのも、どこか好印象だった。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050329

2005-03-28569-570

[][]美奈の殺人 美奈の殺人 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 美奈の殺人 - 雲上読記 美奈の殺人 - 雲上読記 のブックマークコメント

美奈の殺人 (講談社文庫)

美奈の殺人 (講談社文庫)

 殺人三部作と呼ばれているシリーズの二作目。その呼称からてっきり、前作『僕の殺人』における主人公、裕司とヒロインの泉が再登場を果たすかと思い込んでいたので、途中までこの作品の主人公は裕司のその後で、泉もそのうち出てくるのだと思って読んでいた。また、主人公が同一人物でないと気付いた後も、探偵役として裕司がメルカトル鮎のように登場するのではと危惧していたので、今ひとつ作品内世界に入り込めなかった気がする。

 そういったメタな視点は置いておいて、作品単体としてどうかと言うと、素晴らしい。『僕の殺人』の主人公と異なり、この作品の主人公は、あまり純ではない。既に世間を知り、その醜さを知り、それを受け入れることで強さを得ている。しかし何処かまだ何か希望が残されているのではないだろうか、と言うような。ミステリだけでなく青春小説としても一流である。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050328

2005-03-23560

[][]狩野俊介の冒険 狩野俊介の冒険 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 狩野俊介の冒険 - 雲上読記 狩野俊介の冒険 - 雲上読記 のブックマークコメント

狩野俊介の冒険 (徳間文庫)

狩野俊介の冒険 (徳間文庫)

 シリーズ四作目、短編集の一作目。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050323

2005-03-14547

[][]レンテンローズ 囁く百合 レンテンローズ 囁く百合 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - レンテンローズ 囁く百合 - 雲上読記 レンテンローズ 囁く百合 - 雲上読記 のブックマークコメント

 シリーズ三作目。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050314

2005-03-11544

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050311

2005-03-09542

[][]さよならの殺人1980 さよならの殺人1980 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - さよならの殺人1980 - 雲上読記 さよならの殺人1980 - 雲上読記 のブックマークコメント

さよならの殺人1980 (祥伝社文庫)

さよならの殺人1980 (祥伝社文庫)

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050309

2005-03-08541

[][]ミステリなふたり ミステリなふたり - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ミステリなふたり - 雲上読記 ミステリなふたり - 雲上読記 のブックマークコメント

ミステリなふたり (幻冬舎ノベルス)

ミステリなふたり (幻冬舎ノベルス)

 短編集。刑事の妻が家に持ち帰った事件を、家事担当の夫が解決するというテンプレートがある。最後の一編のみ捻りが効いているのと、妻がこれ以上はないというぐらいツンデレなところがポイントが。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050308

2005-03-03536

[][][]僕の殺人 僕の殺人 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 僕の殺人 - 雲上読記 僕の殺人 - 雲上読記 のブックマークコメント

僕の殺人 (講談社文庫)

僕の殺人 (講談社文庫)

 デビュー作、シリーズ一作目。

 透明感のある筆致に、繊細で落ち着いた文体。主人公の大人びた視点が批判されたようだが、これぐらい知的でないとミステリの主人公はやってられない。物語に起伏はあるし、最後の驚きも用意されているので、楽しんで読める。後書きも小説家を目指しているのならば必読。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050303