雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-08-29690-696

[][][]シフト 世界はクリアを待っている シフト 世界はクリアを待っている - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - シフト 世界はクリアを待っている - 雲上読記 シフト 世界はクリアを待っている - 雲上読記 のブックマークコメント

シフト ―世界はクリアを待っている―

シフト ―世界はクリアを待っている―

 存在しない極めて精巧に作られたファンタジィ長編の外伝。素晴らしい。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050829

2004-07-01397-419

[][]悪魔のミカタ13 It/MLN 悪魔のミカタ13 It/MLN - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 悪魔のミカタ13 It/MLN - 雲上読記 悪魔のミカタ13 It/MLN - 雲上読記 のブックマークコメント

 吸血鬼の魔手から逃れた舞原サクラと山本美里は、山の中に潜伏サバイバル中。一方、自ら敵の手に落ちることでサクラを救った鴨音木エレナと神名木唯は、吸血鬼たちを一掃する諸刃の策を手にとるが……。長らく出番のなかった主人公、堂島コウの選択は――。《It》編完結・一学期編完結。

 非常に残念なことだが、消化不良さや不完全燃焼さを感じた。11巻のライトノベル史に残っても不思議ではない素晴らしさと、それを引き継ぎつつ次巻への期待を否応なく高めてくれる12巻が良かっただけに、13巻のそれを片手落ちの感が拭えない。つまらくはないのだ。確かにサクラ美里の山中におけるサバイバル生活は、真に迫るものがあり、一般的なライトノベルのそれと比較しても、けしてつまらなくはないだろう。その後の展開も、今までの主要な人物に焦点を当てつつ、確実に物語を進行させ、きっちりと片をつけていた。しかし、今ひとつ、もう一歩、まだ何かが、何かが足りないまま終わってしまった。勿論、吸血鬼との燃えるけど論理的でない一騎打ちを望んでいないわけではない、本書に書かれたように変則的なそれしか展開的に不可能だろう、だがしかし。不満が残る、残念だ……。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20040701