雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-02-08

[][]836 16:54 836 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 836 - 雲上読記 836 - 雲上読記 のブックマークコメント

模像殺人事件 (創元クライム・クラブ)

模像殺人事件 (創元クライム・クラブ)

 奥田哲也の『三重殺』や法月綸太郎の『誰彼』。新たな証拠が手に入るたびに首切り死体の正体が万華鏡にように目まぐるしく変わるミステリがある。ひとつの証拠が死体と犯人とを別人にするのだ。

 本書に出てくるのは首切り死体ではなく、顔を包帯でぐるぐる巻きにした男ふたり。郷愁感に溢れる筆致の元、ふたりの正体は目まぐるしく入れ替わる。どちらが本者でどちらが偽者なのか。しかしラスト、物語は実にアクロバティックにジャンプし、想像だにしなかったポイントに着地するのだ。憎たらしいほど巧い、と言って差し支えないだろう。実に充実したミステリを読んでしまった……。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20060208