雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-02-03

[][]824 22:04 824 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 824 - 雲上読記 824 - 雲上読記 のブックマークコメント

蒲公英草紙 常野物語 (常野物語)

蒲公英草紙 常野物語 (常野物語)

『光の帝国』に続く常野シリーズの第二作。読み始めてびっくり。まさか戦前の話だとは思わなかった。と言うか、うっかり三作目の『エンド・ゲーム』と内容を勘違いしていて、いつ話が現代に飛ぶのかと待ち構えてしまった。さらに常野一族の物語かと思いきや、常野一族は物語に彩りを与えている存在以上の価値はなく、むしろ桜庭一樹が書く小説のように、主人公と聡子というふたりの少女を巡る小説のように思われた。そういった訳で、とにかく意表を突かれた。

 話自体は及第点を越えるほどに面白かった。常野一族が読みたかった秋山としては、不満がないでもないが、やはりただの小説としてみれば十二分に面白いと言えるだろう。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20060203