雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-20

[][]806 12:33 806 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 806 - 雲上読記 806 - 雲上読記 のブックマークコメント

涼宮ハルヒの陰謀 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの陰謀 (角川スニーカー文庫)

 長すぎる。

 後書きを読んで過去最長の長さを持っているとあったが、その長さに全く見合わない物語だった。意味ありげだった伏線に意味はないに等しく、最後の落ちはあまりにも予想通りで、読み終えてから振り返ってみたところ、結局のところ「敵が登場する巻」でしかないことに気づき呆然とした。『涼宮ハルヒシリーズ』と『学校を出よう!シリーズ』、他の作品群はさておき、このふたつは谷川流の双璧であり、短編は粒揃い、長編は挑戦的で読了後に余韻を残すもので、しかも本書はタイムトラベル物と聞いて少なからず期待して読んだのだ。それが、どうして、こんな、シリーズ物のライトノベルの典型とも言える「敵が登場するだけの巻」に成り下がっているのだろうか。全く、信じられない。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20060120