雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-05-15606-608

[][]とくまつ 夜霧邸事件 とくまつ 夜霧邸事件 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - とくまつ 夜霧邸事件 - 雲上読記 とくまつ 夜霧邸事件 - 雲上読記 のブックマークコメント

とくまつ 夜霧邸事件 (徳間デュアル文庫)

とくまつ 夜霧邸事件 (徳間デュアル文庫)

 賛否両論のある作者の書く、賛否両論のあるシリーズだけれど、とても面白かった。僅か三時間半という短い時間の中で、千人が殺されるのだけれど、もう疾走感とホラーが堪らない。帯には「館ミステリー」などと銘打ってあるけれど、実は違う。屋敷の主人に匹敵する能力を持ったボディガード、そのボディガード十人分の能力を持った精鋭、その精鋭の十人分の能力を持った隊長。その彼らが正体不明の敵たちの手によって次々に葬られてゆくのだ。その情景は正しく、圧倒的な敵を前に、成す術もなく逃げ惑うしかない典型的なホラーだろう。いやあ、面白かった。続きが楽しみ。

[][]働く女は敵ばかり 働く女は敵ばかり - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 働く女は敵ばかり - 雲上読記 働く女は敵ばかり - 雲上読記 のブックマークコメント

働く女は敵ばかり (朝日文庫)

働く女は敵ばかり (朝日文庫)

 フェミニズムの世界では有名な人らしい。味も見ておこう、という軽い気持ちで読んでみた。書いた時期によって三部に分かれているのだけれど、面白く読めたのは、書き下ろしで表題作にもなっている「働く女は敵ばかり」これは凄まじい。予断がない。いやあ、読んでよかった、もっと早くに読んでおくべきだった。

[][]無印良女 無印良女 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 無印良女 - 雲上読記 無印良女 - 雲上読記 のブックマークコメント

 想像していたものとまるで違った。もっと恋愛とかフェミニズムとかセックスとかコンプレックスとかトラウマとか、そういうものを書いている人だと思っていた。実際は身の回りのちょっと面白い人を、面白おかしく書いている――そういうエッセイだった。まあ、楽しく読めた。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050515