雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-01-01513-524

[][]館という名の楽園で 館という名の楽園で - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 館という名の楽園で - 雲上読記 館という名の楽園で - 雲上読記 のブックマークコメント

館という名の楽園で (祥伝社文庫)

館という名の楽園で (祥伝社文庫)

 これは中々、いいね。薄く短く、テーマが館に満ち満ちているのがとても魅力。言わば、館物が読みたくて、下手に他のトリックは入れてこなくていい、館だけで勝負してくれというような人にはお勧め。物語はある館に集まった昔の仲間が、自ら推理劇を行い犯人を推測するというもの。設定だけを見れば、東野圭吾の『ある閉ざされた雪の山荘で』が連想されるが、あれほどホラーはしていない。徹頭徹尾、演技に尽きているのだ。その証拠に、被害者役として犯人役に殺されたはずの人が、「俺が見たから」という理由で犯人を言い当ててしまうくらいだしね。そう、犯人は中盤で明かされてしまうのだ。この姿勢も、心地よいです。フーダニットとか、館物に不要なものは削り落としてしまっているのだ。歌野は今回、館だけで勝負してきていますよ。

 肝心の館物に関してどうなのかと言えば、易しい。ヒントが多く出されるので少し思考すれば読めてしまう。しかし真に面白いのは、その見せ方のほう。登場人物のひとりが「ああ、何もかも見えた。一つの謎が解ったら、セーターの毛糸がほどけるように、するすると、跡形もなく。冬木が最初に言ったように、過去の二つの怪異が今夜の惨劇と密接に関係していたんだ」と発言するのだけれど、まさにその通り。本書の魅力は何と言っても、解決編だろうな。本当にセーターの毛糸がほどけるように、するすると解明されるのです。とても素晴らしい。繰り返しますが薄くて読みやすいので、お勧め。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050101