雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-01-01513-524

[][]チルドレン チルドレン - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - チルドレン - 雲上読記 チルドレン - 雲上読記 のブックマークコメント

チルドレン

チルドレン

 これは正直、期待しすぎてしまったか。帯に著者直筆で「短編小説ではなく長編小説です」とあったので「なるほど、短編集と見せかけておいて、最後でそれがひとつの大きな事件を描いたものだと明かされるのか」と踏んだのですが、違っていました。どちらかと言うと、オムニバス形式に近く、長編小説とは言えないと思う。短編連作に近い。

 話のひとつひとつは、とても完成度が高い。これは何かの賞を受けてもおかしくはないし、雑誌掲載時に文字を大きくされていても不思議でない。単行本化されてから一気に読んでも面白いし、短編として単独で読んでも面白い。ミステリ的なエンターテイメントを期待した読者には外れなんだろうけど、ただ純粋小説を楽しみたい人には必読だと思う。『重力ピエロ』をもっと煮詰めて短くしたバージョンと考えればといいと思う。

[][]館という名の楽園で 館という名の楽園で - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 館という名の楽園で - 雲上読記 館という名の楽園で - 雲上読記 のブックマークコメント

館という名の楽園で (祥伝社文庫)

館という名の楽園で (祥伝社文庫)

 これは中々、いいね。薄く短く、テーマが館に満ち満ちているのがとても魅力。言わば、館物が読みたくて、下手に他のトリックは入れてこなくていい、館だけで勝負してくれというような人にはお勧め。物語はある館に集まった昔の仲間が、自ら推理劇を行い犯人を推測するというもの。設定だけを見れば、東野圭吾の『ある閉ざされた雪の山荘で』が連想されるが、あれほどホラーはしていない。徹頭徹尾、演技に尽きているのだ。その証拠に、被害者役として犯人役に殺されたはずの人が、「俺が見たから」という理由で犯人を言い当ててしまうくらいだしね。そう、犯人は中盤で明かされてしまうのだ。この姿勢も、心地よいです。フーダニットとか、館物に不要なものは削り落としてしまっているのだ。歌野は今回、館だけで勝負してきていますよ。

 肝心の館物に関してどうなのかと言えば、易しい。ヒントが多く出されるので少し思考すれば読めてしまう。しかし真に面白いのは、その見せ方のほう。登場人物のひとりが「ああ、何もかも見えた。一つの謎が解ったら、セーターの毛糸がほどけるように、するすると、跡形もなく。冬木が最初に言ったように、過去の二つの怪異が今夜の惨劇と密接に関係していたんだ」と発言するのだけれど、まさにその通り。本書の魅力は何と言っても、解決編だろうな。本当にセーターの毛糸がほどけるように、するすると解明されるのです。とても素晴らしい。繰り返しますが薄くて読みやすいので、お勧め。

[][]地球精神分析記録〈エルド・アナリュシス〉 地球・精神分析記録〈エルド・アナリュシス〉 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 地球・精神分析記録〈エルド・アナリュシス〉 - 雲上読記 地球・精神分析記録〈エルド・アナリュシス〉 - 雲上読記 のブックマークコメント

 狂っているのは自分なのか、それとも世界なのか……狂っているのは読者なのか、それとも作品なのか。いやあ、凄いわ。凄い凄い。もう何て言うか、ただひたすらに凄い。凄い凄い。凄いしか言ってないようだけれど、凄いね、これ。凄い。

 こういう凄い作品を読むとつくづく思うのが、SFに求められるのは、架空の世界を現実の世界と読者に誤認させるほどの筆力。ひょっとしたらこの小説に描かれている世界こそが正しくて、今、この小説を読んでいる自分は眠っているのではないかと錯覚させるほど、本書に描かれている作品世界は緻密で、これ以上はないと言うほどに綿密に設計・構築されている。その密度がもう濃くて濃くて堪らないのだ。確かにこれを一度、読ませられれば世の山田正紀ファンは、山田正紀に夢中になって狂うしかないだろう。それだけのパワーとキャパシティをこの作品は持っている。しかし残念かな、自分には殆ど届かなかった。さすがに1977年に書かれたというだけあって、当時は斬新で目新しかったかもしれない構造は、今の読者である自分にとって今ひとつ。しかし、それでもやはり本書には、読者に凄い凄いと連呼させるだけのパワーがやって、そういった点ではやはり上手いなあ、素晴らしいなあと思う。うん、凄かった。

[][]倒錯の死角【201号室の女】 倒錯の死角【201号室の女】 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 倒錯の死角【201号室の女】 - 雲上読記 倒錯の死角【201号室の女】 - 雲上読記 のブックマークコメント

4062646900:detail

 一般的なミステリでは、犯人が探偵に対してトリックを使っている。例えばアリバイを組み立てたり、現場にわざと証拠を残すことで、自分を容疑者リストから外したりだ。しかし叙述物というジャンルにおいては、作者が読者に対してトリックを使ってくる。例えば同じ場所だと思わせておいて違う場所だったり、同じ時間だと思わせて違う場所だったり。レベルの高い叙述物ならば、叙述トリックと作中のトリックが上手い具合に絡み合って、事前にその作品が叙述物であるとネタバレされていても十二分に楽しめることがある。本書はその典型である。

 知る人ぞ知るという訳ではないが、折原一叙述トリックを駆使した作品を書くことで知られている。中でもこの倒錯シリーズは、叙述トリックの冴え渡る傑作であると名が高い。それ故、期待して読み始めたのだが……ううむ、これは。

 実は叙述物は、何種類かに場合分けができてしまうということがある。そして読んでいる作品が叙述物だと事前に分かっているときは、読み進めながら「あのトリックは使えないな、あれも使えないな」と計算しながら読んでしまうのだ。読者というのは酷いもので、登場人物の全員を一度は疑っておいて、最後に犯人が明かされたとき「思った通りだ」と思うのだ。同じように叙述トリックを多く知っている人間は、叙述物を読みながら、あらゆるトリックを疑っておいて、読み終えてから「思った通りだ」と結論するのだ。一番、卑怯なのは犯人でも作者でもなく、読者だろう。

 そういうわけで、本書のメイントリックの部分は、読み進めながら何度か考慮してしまったものだった。そのため、驚きは少なかったのだが、それなりに面白くはあった。ところで、叙述トリックに含まれるかどうかは今ひとつ分からないのだけれど、作中作というのがある。例えば本を読み出して、終盤になってから「と、そこまで読んだところで○○は顔を上げた」なんて記述が出てきたら、その作品は作中作である。つまり、作品の中に作品があるのだ。分かりやすくいえば、かまいたちの夜をプレイしている、鎌居達。分かりづらいか。

 この作中作が酷くなると作中作中作や、作中作中作中作中作中作中作なんてものになってしまい。そこまで来ると、もうどれだけ作中しているかと言うより、どこに落ちを持ってくるかが問われるようになる。つまり、最後のひとつが真相な訳だから、その真相がそのひとつ前の真相だと思われたものより面白くなければ、作中作した意味がないと、そういうわけ。同じことがどんでん返しにも言えるような。どんでん返ししたいがために、推理を重ねたところで、その推理自体が冴えていないと面白くないと、そういうわけ。で、本書の場合、最後に落ち着いたところが、あまり冴えていないな、あるいは古いなと思ってしまった次第。もちろん、悪いのは作者ではなく読者。いつだって悪いのは読者である。

[][][]頼子のために 頼子のために - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 頼子のために - 雲上読記 頼子のために - 雲上読記 のブックマークコメント

頼子のために (講談社文庫)

頼子のために (講談社文庫)

 一読して「なるほど、これが」と溜息をついた。

 ミステリだけでなく、ミステリの評論や解説を読んでいると、あの人は密室物ばかり書くだとか、あの人は叙述物ばかり書くだとか、その作家の作品を読んでいないのに知るはめになってしまう。そうした具合で、法月綸太郎がどういう系統の作品を多く書いているのか、どういう系統の作品を得手としているのか、知ってはいたが、具体的にそういった作品を読むには至らなかった。今までは。

 なるほど、この作品が法月綸太郎の真髄なのか。

 本書はある男の手記から始まる。その手記を書いた男は、十七歳の愛娘を殺され、娘を殺した男に復讐することを誓う。ある事情から警察を信用しないと決めた彼は、独自に推理を進め、ついに犯人に至り、鉄槌を下してしまう。しかる後に彼は服毒し、自殺を図る。しかし寸前のところで、彼は救われ生き返ってしまう。意識を失ってはいるが、もう危険な状態は脱し、数日後には目覚めるだろうと医師が判断したところで、名探偵法月綸太郎に依頼が舞い込む。この事件を洗いなおして欲しい、と。

 とにかく物語が魅力的なのだ。インパクトのある書き出しから、法月綸太郎ハードボイルドな私立探偵並に歩き回るところまで。新本格にありがちな、突飛で、現実味の薄い机上の推理を繰り返すのではなく、地道に歩き回って証拠をかき集め、その最中、えたいの知れない人物が浮かび上がり、走り回っているうちに誘拐され、とにかくイベントに富んでおり、話が躍動感に満ち溢れているのだ。ただ、純粋に面白い。そしてラスト。ラストも冴え渡っている。ついに意識の戻った男との対面、その直後……。ラスト二ページを読んで、即座に本につけていたカバーを外し、表紙絵を見る。「ああっ、ここにちゃんとあるじゃないか! しかもカバーデザイン辰巳四郎だし!」完璧に完璧に、これ以上はないという見事さで、本書は一個の物語として完結している。本当に素晴らしい。いやあ、上手いなあ。『誰彼』も良かったけど、『頼子のために』もいいなあ。法月綸太郎、格好いいなあ。うん、面白かった。

[][]春期限定いちごタルト事件 春期限定いちごタルト事件 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 春期限定いちごタルト事件 - 雲上読記 春期限定いちごタルト事件 - 雲上読記 のブックマークコメント

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

 小鳩君と小佐内さん。恋愛関係でもなく依存関係でもなく、ただ互恵関係にある彼らは手に手を取って清く慎ましい小市民を目指している。彼らは小市民となるべく、周囲に対して繊細でそれと分からないほどにさりげない気遣いをする。そしてけして出しゃばらない。しかし、そんなふたりの前に立ち塞がる、日常の大したことのない、通り過ぎることが簡単にできそうな幾つもの謎。

 米澤作品を最初から追っている身としては、ちょっと想像していたのとは違うな、と。小市民を目指す彼らは、その実、小市民ではない。むしろ小市民ではないからこそ、小市民を目指すのだ。彼らは思考力と推理力に長けており、探偵となるべくして生まれたような頭を持っていながら小市民を目指す。この立ち位置は、『氷菓』『愚者のエンドロール』や『さよなら妖精』の主人公たちより進んでいると言うか、ちょっと、ずれている。より複雑に、より自覚的に作られているのだ。萌えミステリや、ライトノベルを期待して読んだ人はちょっと残念に思うかもしれないが、自分はとても面白く読めた。

[][][]掌の中の小鳥 掌の中の小鳥 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 掌の中の小鳥 - 雲上読記 掌の中の小鳥 - 雲上読記 のブックマークコメント

掌の中の小鳥 (創元推理文庫)

掌の中の小鳥 (創元推理文庫)

 これは素晴らしい。とても素晴らしい。

 五つの短編からなっているのだが、短編集とも連作短編とも違う。基本的に日常の謎だけしか取り扱っていないのだが、叙述トリックも放っているし、何よりも構造が見事なのだ。基本パターンとしては、一見、関連性の薄そうな逸話が来て、謎をにおわせる事件が起こって、両者を見事に繋げて解決してくれるのだ。解決はどれも現実的で、謎を一寸の隙なく解決し尽くした上に夢を残している。それが五連発。紛うことなき、傑作だろう。

 解説も凄まじい。ミステリ系の人はご存知、佳多山大地なのだが、これは解説を通り越して解体である。作品のひとつひとつを取り上げて、事件の起こりから解決まで、どこが魅力的なのか、どこが優れているのを極めて端的に偏執的なまでに指摘してくれるのだ。中には、筆者が敢えて書かなかったのだろうなと思われるところまで佳多山は指摘している。素晴らしい。解説、素晴らしい!

[][]三月、七日。 三月、七日。 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 三月、七日。 - 雲上読記 三月、七日。 - 雲上読記 のブックマークコメント

三月、七日。 (ファミ通文庫)

三月、七日。 (ファミ通文庫)

 あはあ、これはいいね。「拙くも、キュンと切ない、少年と少女の恋の軌跡(ラブストーリー)。」と裏表紙に書かれており、途中まで直球ど真ん中で突き進むのだけれど、最後の最後の大転換。これはちょっとしたミステリじゃないのかな(註:ミステリ好きは、何でもミステリに置き換えて考えようとします)。

 作者がその身を切り刻むように、言葉を選んでいるのが目に浮かぶよう。とても繊細な言葉群を、何とかしてひねり出しているように感じられる。恋に関する言葉を、何でもないように紡ぎだすよりは、ずっと素敵だと思う。特筆したいのは、ふたりの出会いが遅い点か。校庭越しに目が合ったりはするのだが、殆ど接点がないまま、ページが消化され、一体、いつになったらふたりは言葉を交わすのだろうか思わず心配になってしまうぐらい出会いが遅い。そして、出会ってからの急展開は凄まじい。ふたり共、何らかのトラウマを抱えており、それ故に互いを求める力が強いのだけれど、その理由として少女の方がより深刻なのに対し、少年の方は自己中だよなあ、と思った。まあ、当然である。

 結末に際して少年が出した答えが中々、勇気あるものであると同時に、それまでの彼同然、そつのないもので、一体、誰が答えを出せたのだろうか――なんて川上稔的問いを発したくなる。甘かったなあ。

[][]8の殺人 8の殺人 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 8の殺人 - 雲上読記 8の殺人 - 雲上読記 のブックマークコメント

8の殺人 (講談社文庫)

8の殺人 (講談社文庫)

 館物のための館。ミステリのためのトリック。知名度的には『かまいたちの夜』での方が上だと思われる我孫子武丸のデビュー作。

 正直、あまり面白くはなかった。現実味の薄い事件現場に、現実味の薄い登場人物たちであるが故に、ミステリ好きのためのミステリなんだろうなとは思うが、その割にはサービス、あるいはそう呼ばれるものが希薄な気がした。まあ、今から十五年近く前に刊行された作品であると考えれば、鮮烈な驚きや、斬新な手練を期待する方が間違っている。ミステリ的には、8の字館の他に、解決編に挟まれる密室講義が魅力だろうが。文庫版は、島田荘司による「本格ミステリー宣言」が解説として寄稿されていて、これは中々に面白かった。当時を伺わせるあたりとか。

[][][]ぼくのミステリな日常 ぼくのミステリな日常 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ぼくのミステリな日常 - 雲上読記 ぼくのミステリな日常 - 雲上読記 のブックマークコメント

ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)

ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)

 面白い。

 創元推理には、日常の謎で短編連作を行い、最後の一章で短編集だと思っていた作品が実は長編小説だったのだと気づかされる珠玉の作品があるが、恐らくはこの作品はその先駆けではないだろうか。とても素晴らしかった。

 物語は社内報を作ることになった若竹七海が、知り合いの知り合いに小説原稿を頼み、それを一年間連載した上で、ラストに作者と感動の対面を果たすというもの。主となる十二編の短編は、ミステリもあれば恋愛もあればSFらしきものもあるが、最終的に謎が解かれるという点ではやはりミステリなのだろう。少し前に読んだ『掌の中の小鳥』という作品ほど鮮やかではないけれど、さすがに怒涛の十二連打となると迫力もある。そしてやはり何よりも素晴らしいのは、その十二作の中に綿密にして密やかに張り巡らされた伏線の数々だろう。小粒の物語をそれだけに淡々と受け取ってしまうのではなく、幕間に用意された何でもない文章が、実は計算されたものなのだと知ったとき、そして事件を斜め上から俯瞰することで全く異なる新たな一面が浮き上がった瞬間は、本当に感動的だった。

[][][]夜の蝉 夜の蝉 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 夜の蝉 - 雲上読記 夜の蝉 - 雲上読記 のブックマークコメント

夜の蝉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

夜の蝉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

――この作品は超越している――。

 面白い。面白いの一言で片付けてしまうのが思わず躊躇されてしまうぐらい、面白い。この面白さはちょっと危険なのではないだろうかと思ってしまうぐらい面白い。面白くて面白くて、待ち合わせの時間を遅らせてもらってまでしてしまった。面白い面白いと連呼してしまったが、この作品は、いわゆる面白がってはいけないような作品。扱っているテーマも重く、さらに読者に最終的な判断をゆだねるタイプなので、面白がるのは失礼というか、読者の風上にもおけないと思う。

 シリーズ二作目なのだけれど、前作『空飛ぶ馬』よりずっと好き。収録されている作品は、どれも鮮烈で、日常の謎が本当に謎だと示されていて、しかもその解答の提示の仕方が鮮やかでたまらない。ああ、これこそ匠の技と称されるものではないのだろうか。章立てが細かく、カットバックが多いので技巧に走っている感がなきにしもあらずなのだが、それが非常にいい意味で機能している。ある種、小説を越えたとでも言うか。小説は読まないけど、北村薫は読むという人がいるらしいが、納得。これは超越している。

[][][]秋の花 秋の花 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 秋の花 - 雲上読記 秋の花 - 雲上読記 のブックマークコメント

秋の花 (創元推理文庫)

秋の花 (創元推理文庫)

 凄絶だ。

 本書はこれまでの北村の著作には見られなかった、いかにもミステリ殺人事件を取り扱っている。幾つかの謎を抱えてはいるもの、登場人物は限られており、論理アクロバットなどが展開されるわけでもない。怪しい人物は明瞭に描かれ、犯人候補も多くない。しかし本書をただのミステリとして読むことはできない。最後の最後、犯人が明かされた瞬間、被害者がいかにして殺されたか描かれた瞬間、どうしようもなく書面から目を離したくなってしまうのだ。それほどまでに本書に描かれた事件は凄絶、現実に遭遇しようものなら、軽く精神を病む。

 ミステリ小説を読むというよりかは、北村薫の書いた文章を読んでいるとでも言うかのような。非常にパワーに溢れた作品だった。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20050101