雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-10-01455-482

[][]Φは壊れたね Φは壊れたね - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Φは壊れたね - 雲上読記 Φは壊れたね - 雲上読記 のブックマークコメント

Φは壊れたね (講談社ノベルス)

Φは壊れたね (講談社ノベルス)

 D2大学院生となった西之園萌絵を中心に据えて、加部谷恵美、海月及介、山吹早月の三人が三角形を描き事件に遭遇するというかたちを持ったS&Mシリーズ、Vシリーズに続くQシリーズ(海月及介がシリーズにおける探偵役だから)。基本的には前述の三人が主人公であると同時に若者担当として配置しており、S&Mシリーズの主役であった犀川創平、国枝桃子西之園萌絵などは彼らよりひとつ上の次元にいる大人として配置されている。『メフィスト2004年05月増刊号』に掲載された短編と見比べると、加部谷恵美の名前が変わってしまっているが、恐らく今後はこちらで通されるだろう(可能性は低いがだが、ふたりが別人であるというのも考えられなくはない)。

 森博嗣の詩的さを気に入っているファンとしては、Vシリーズに輪を掛けて薄くなったと言わざるを得ない。ミステリ的にも事件は、ひとつしか起こらないし、推理の大半が証拠を介されたものではなく空想上のものであるし、探偵役の海月及介は事件解決の直前まで徹頭徹尾、沈黙を守っている。したがって解決編はわりと唐突に与えられることになる(真相事態は甘く、推測は容易い)。――それにしても薄い。薄い小説が端的にどういう本であるかと言うと、読後に感想が殆ど残らない本である。本書に際して言えば、主役級の三人を紹介するための本であるとか、西之園萌絵ファンへのサービスであるとか、国枝桃子ファンへのサービスであるとか(自分はS&Mシリーズでは国枝桃子が一番好き)、もうキャラクタに注目するしかないのだ。とは言え、薄いというのは逆説的に洗練されていることの証拠でもあり、森博嗣色が意識して抑えられた本書は、理系ミステリという幻想を食わず嫌いする読者であっても読むに堪えうるものだろう。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20041001