雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-10-01455-482

[][][]9S〈ナインエス〉4 9S〈ナインエス〉4 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 9S〈ナインエス〉4 - 雲上読記 9S〈ナインエス〉4 - 雲上読記 のブックマークコメント

9S(ナインエス)〈4〉 (電撃文庫)

9S(ナインエス)〈4〉 (電撃文庫)

 毎回、素晴らしい盛り上がりを見せてくれるシリーズだが、今回もやってくれた、見事なまでに。三巻と四巻とで上下巻構成になっており、三巻以前で配置していた伏線を絡め取るように回収しながら、それを物語上の発展へと役立てる様は壮観で、しかも今回は「このシーンだけで一冊分の結末に相当するだろう」と言うこともできるほど豪華なものを幾つも持ってきており、非常に読み応えがある。

 特筆すべきは坂上闘真と峰島由宇の対決と、坂上闘真と真目蛟の対決だろう。特に前者は一巻の終盤から衝突しそうでしなかったふたりの対決であり、ついに来たかという感がある。前述したが、個人的にこのシーンだけで一冊、本が書けてしまうのではないだろうかと思う。普通の、量産タイプの作家であれば、まず間違いなくこれだけで一冊、ものにしているだろう。そうせず、因縁の対決を、その後に続く対決の伏線にしてしまうところが、凄いと思う。……しかも、闘真と由宇の対決には挿絵がないのだ。もう本当に、豪気と言うか何と言うか、凄い。

 キャラクタについて雑感。以前から登場する度に思っていたのだが、真目不坐は実に自分の友人、雨下雫に似ている。剛毅なところ、傲慢なところ、幼稚なところ、冷静なところ、徹頭徹尾、いっそモデルが雨下雫なのではないかと勘繰ってしまうぐらいに似ている。まあ、どうでもいいか。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20041001