雲上読記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-08-01420-436

[][]灼眼のシャナ7 灼眼のシャナ7 - 雲上読記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 灼眼のシャナ7 - 雲上読記 灼眼のシャナ7 - 雲上読記 のブックマークコメント

灼眼のシャナ〈7〉 (電撃文庫)

灼眼のシャナ〈7〉 (電撃文庫)

 坂井悠二が既に『存在亡き者』になっていることを知った吉田一美は、ショックを受け、思わず逃げ出してしまった。その頭上を、不気味に歪む花火が揺れる。それは“探耽求究”の異名を持つ“紅世の王”教授の企てた実験の副作用のひとつであった。御崎市を襲う教授の実験、それを阻止するシャナ、マージョリー、カムシンの三人。

 三巻と四巻の間が上下巻構成になっているように、六巻と七巻も上下巻構成になっています。内容に関しては、戦闘の一言に尽きる。もうとにかく前巻が戦闘会場作りに徹していたので、今回はその反動と言わんばかりに戦闘している。勿論、戦闘の間にも、新たな事実が発生したり、何らかの事情も知られたりはするのだがやはり戦闘ということで。――そろそろ恋愛とかグダグダになって来ました、いや今までの時点で充分すぎるほどグダグダしてましたが。さらにグダグダ。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/sinden/20040801