Hatena::Groupbook

phaの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-11-20

上野千鶴子「家族を容れるハコ 家族を超えるハコ」

21:46 | 上野千鶴子「家族を容れるハコ 家族を超えるハコ」 - phaの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 上野千鶴子「家族を容れるハコ 家族を超えるハコ」 - phaの本棚 上野千鶴子「家族を容れるハコ 家族を超えるハコ」 - phaの本棚 のブックマークコメント

「家族や社会が変わっているのに、住宅はなぜ半世紀も基本プランを変えないのか」

建築家の仕事

建築家は空間を設計します。空間を設定することによってコモンな人びとの集団、すなわちコミュニティを実現しようと考えます。


家族モデルの変遷

nLDKのモデルが(n+1)LDKのモデルに変わるということは、家族の人間関係がなにかしら根底的なところで変化した、ということを示唆してはいないだろうか。たとえば、夫婦寝室という異性愛の性関係を前提する空間がなくなれば、そこに住む家族(いえ・ぞく)は、同性どうしでもかまわないし、血縁関係がない他人どうしでもかまわないということになる。 引用ここまで - 22ページ


「家族の世紀」の終わり

30代前半で女性の非婚率は3割近く、男性は4割

生涯非婚者は人口の2割近くになるだろうとされている

子育て終わり、配偶者に死別離別するとまたシングルになる

シングルは孤独、という思いこみはうそだ。家族とつき合わない分だけ、友人たちと深いつながりをもっている。老後は不安、も正しくない。子どもの数がひとりやふたりでは、老後の不安は子どもがいてもいなくても同じ。なまじ子どもに頼ると、かえって子ども生活を破壊し、親子関係がこじれるもとになる。いずれにしても、いつかはシングル、になるのが誰の人生にとっても避けられないなら、シングルを基本にした人生と社会システムの構築が求められよう。 引用ここまで - 32ページ

上野 結婚の戦後民主主義は、男の間での女の平等分配でした。つまりどんな男でも一度は結婚できる、女が一人は当たるという。累積結婚率という統計によれば、四◯歳になるまでに、死別、離別を問わず一度でも結婚した人の割合が、六◯年代の半ばに男が九七%、女が九八%を越えた。これが日本歴史上、瞬間最大風速でした(笑)。この後は低下しますから。 - 38ページ



依存的なメンバー

もし社会なるものが独立した成人のためだけにつくられるべきなのだとすれば、「家族」など必要あるまい。しかし、たとえ成人だけからなる集団が存在するにしても、時間と運命によって、つまり高齢化と病気によって、その集団のありかたはじきに変化せざるをえなくなるだろう。

104ページ

首都圏では標準世帯(夫婦と未婚の子)は少数派(三割台)、単身世帯も三割を超えている

全国でも単身世帯は二割

標準世帯が少数化したということは、育児介護の機能は住宅の内部にとどめることができなくなったということを意味します。介護保険介護社会化を実現しましたが、ここに育児をつけくわえて、育児介護社会化はもはや必須の条件です。したがって、家族の内部にあった機能を外部に組み込んでいく、つまりコモンの空間に育児介護という機能を組み込んでいくことが必要になるでしょう。

124ページ


住宅というユニットはそれだけではもはや完結しない

外に開かれる可能性

血縁、地縁、社縁、第四の縁「選択縁」




グループホーム

 コモンスペースがデイケアのビジターの人と共有のところもある

これから介護保険で他人がどんどん家の中に入ってくる

個室が集まった僧院型でなくてもいい

 個室にベッドがなくてもいい

  ベッドがコモンスペースにある場合もある、雑魚寝とか

   セックスが関係なければそれでもいい


住宅にもうちょい開かれる要素が入っていい

 鉄の扉で閉ざされたものでなく、ガラスで見えるように 縁側的なとか

 仕事場を組み込むとか

  住居は家族のための閉鎖空間からもう一歩進む

  メシ・フロ・ネルの食と性に特化した空間から

  ラボ機能を組み込むとか


山本「居住専用の住宅だけが集まった集合住宅は異様だと思います」

上野介護と福祉は一人では担いきれない」


マルチインカム

 下層はシングルインカム、ダブルインカムでもやっていけなくなる

 小銭をかき集める装置を住宅に組み込まないといけない