Hatena::Groupbook

phaの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-09-08

稲葉振一郎「経済学という教養」

15:46 | 稲葉振一郎「経済学という教養」 - phaの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - 稲葉振一郎「経済学という教養」 - phaの本棚 稲葉振一郎「経済学という教養」 - phaの本棚 のブックマークコメント

スミスワルラス的均衡

小企業がたくさんの初期の資本主義では適用しやすかった

 19c末、日本では戦間期くらいまで

重化学工業がメインになり大企業や大プロジェクトが増えてくる

 巨大な設備投資が必要

  そんなに曲線通りに柔軟に動けなくなる

  固定した関係が企業内、企業外で必要となる

   →よってケインズ福祉国家が必要となった?

ニューケインジアン

市場はスミスワルラス的状態を取ることもあるが、時には政府の介入も必要

市場経済

本当は弱肉強食じゃなく共存共栄になるはず(格差はあれど)

 →パレート最適

しかし弱肉強食になる場合もある?


実物的ケインジアンと貨幣的ケインジアン

貨幣そのものに対する嗜好

実物的ケインジアン:市場の不完全性 or 市場が完全に動いても魅力的な新製品の不足などで不況が解消されない→財政政策?

貨幣的ケインジアン:財布のヒモが固いのが不況の原因→金融政策

 小野善康稲葉振一郎

80年代の新自由主義

中曽根

日本型企業社会と対立

マルクス主義

講座派(日本共産党系=ソビエト政権):

 日本の資本主義は封建遺制に足を引っ張られている

  日本の前近代性(集団主義)が逆に成長を生み出した?

  →市民社会派、戦後啓蒙:大塚久雄丸山真男、内田義彦

労農派(社会民主主義に近い):

 日本はすでに充分に資本主義的である

 これが日本なりの独特な資本主義

  →宇野派

日本の資本主義

前近代的で純粋な自由競争ではない

 悪かもしれないし

 それだからこそ発達した

  追いかけ型の資本主義だとか

  でも最近の経済のフェイズには適応してないから不況になった


最近の不平等

能力主義とか搾取とかではなく

不況が原因ぽい

そしてそれは貨幣的問題?


マルクス主義再考

貨幣ヴェール観

 スミスワルラスマルクス

ケインズ流動性選好

 人は貨幣自体を欲することもある

社会主義の弱点

巨大な社会を一つの命令系統で動かすことは計算不可能

 ハイエク

イノベーションが起きない

 (自由な主体による試行錯誤や創意工夫の不在)

メモ