Hatena::Groupbook

phaの本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-07

リアルのゆくえ

22:12 | リアルのゆくえ - phaの本棚 を含むブックマーク はてなブックマーク - リアルのゆくえ - phaの本棚 リアルのゆくえ - phaの本棚 のブックマークコメント

リアルのゆくえ──おたく オタクはどう生きるか (講談社現代新書)

リアルのゆくえ──おたく オタクはどう生きるか (講談社現代新書)

第一章

第二章

p110.

東:多様な人間が多様な状態で混在してかつ安全を保つということと、情報技術の発達による細かい管理は深く結びついている。

第三章

p188.

大塚:いま、君が言った彼ら(オタク)の遊び場をキープしたい、という問題意識にはどういう意味があるんだろう。

東:それは戦後日本の価値観のある種の完成形だと思うからです。

それしかない

もっとみんなちゃんとしろ(公民的な自覚を持て)ってのは現実的じゃない

みんな好き勝手(動物化?)やっててもうまく回るようなシステムの構築?


「心のワーキングプア

戦後日本の規範意識が亡霊のように若者をまだ縛っている


p.203

戦後日本では民主主義は成立していない

そうにもかかわらず公的なように振舞う、心情的には民主主義団塊の世代


p.232

東:ぼくは、たいていの人にとっては国家なんてどうでもよくて、100人や1000人規模のコミュニティの中でいきいきと生きていれば、それでいいんじゃないかと思うわけです。


p.274

コミュニティからの疎外感が人に公的な感覚(とか、抽象的な思考とか、他者への寛容性とか)を育てる

しかし今はインターネットでどんなマイノリティでも仲間を探せる

思想が発達しない