不識一丁字(無)

下に追加する方向で。

2005-05-15 coffee (2005-05-15 JST#1)

[][][] 『at』クォータリー[あっと] 0号 02:13

フェア・トレード

g:cha:id:nobody:20050515に書いた日記からの接続。コーヒーの香りから拡散する話。インドネシア産の豆。津波被害のこととか「フェア・トレード」のこととかを想った話。

オルター・トレード・ジャパン

オルター・トレード・ジャパンさんが、『at』という雑誌*1を始められた模様*2。0号を入手できたので、すこぉしだけだけど、パラパラとつまみ読みしはじめてみたり。

からやん(すみませんm(_ _)m)

『at』には、柄谷行人先生の「革命と反復 序説」という論が、掲載されている。コンドラチェフの60年周期説を「60年周期で揺り戻されて反復される120年周期の変化」と捉え、2005年以降を考える試み。なんて書くとちょっと雑なまとめに過ぎるかもしれない。

まだ導入部でしかないけれど、今後の展開が楽しみ。おっと、書きそびれるところだった。この論は連載予定であるらしいのだ。(また、「楽しみ」などと書いてはいるが、この日記の筆者すなわち音無体亭亭主は果して論の展開についていけるものやら、はなはだ心許無いのでもある)。

書籍情報

書名
『at』クォータリー[あっと] 0号
編集
パラグラフ / オルター・トレード・ジャパン
執筆陣(部分)
柄谷行人上野千鶴子、田中優、岩崎ゆう子、堀田雅彦、市橋秀夫、吉岡忍吉田司、ほか。
出版社
太田出版
書籍番号
ISBN:4872339460
定価
本体700円+税金

つまみ読み

前述したように、まだ、いくつか「つまみ読み」してみただけでもあり、この先もどれだけ気合を入れて読むのかもわからず、そんなこともあって、まだ感想とかは書かないし書けないのだ。また、今後書かれるという保証もないのでもある。すみません。

(2005-05-16 02:15 AM JST ころ記)

*1:雑誌:たぶんムック。書籍扱雑誌っていうのは、ちょっと強引な「おま訳」かも

*2:出版は太田出版さん

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/nobody/20050515

2005-01-14 ひろせ記 (2005-01-28 JST#1)

[] URLクリップ・マシーン 14:17

広瀬正先生の作品について、amazon(jp)さんにて著作集(リスト)を作ってはるかたがおるらしいんで、URLだけでも、ちゃっちゃっとメモ。

タイムマシン搭乗者 【広瀬正】 作品全集[amazon.co.jp]。リストを作られたのは kadzuwoさんとおっしゃるかただそうです。

(2005-01-28 14:15ころ記す)

[] 集英社 14:33

集英社で扱っているものはだいたい次のような感じらしい。

ふぅ。まとめ整形おつかれさんでした。> 音無体亭亭主氏。

[]補記 00:15

さて、広瀬先生の著作だけれど、どれから読めばいいのだろう。……とか思っていたら、パパたんからとりあえず発表順に読むのが宜しいのでは。パパたんと一緒とのご助言を賜わった。

なので、亭主よ。上にリストした書籍について発表順を調べておくといいかなぁ、とか思った。で、bookグループのキーワード「広瀬正」あたりにまとめておけばいいんじゃないかなって。そのうちやろう。そのうち。ということで、パパたん、どうもありがとうです。

(このエントリは兎犬のウナギイヌが書きました

かどうだか……。笑)

[] そのうち 00:37

そのうちとか言っていてもやらないのが目に見えているので、ちゃっちゃっとやってしまおう。っていうか、ひとさまに頼るのである。有志の手になるものと思われる「広瀬正・著書目録」[homepage3.nifty.com]さんによれば、出版順 −− 書籍(単行本)としての初出年月による順序 −− は次のようになるとのこと。

  1. 『マイナス・ゼロ』('70年10月)
  2. 『ツィス』('71年4月)
  3. 『エロス/もう一つの過去』('71年11月)
  4. 鏡の国のアリス』('72年6月)
  5. 『T型フォード殺人事件』('72年6月)
  6. 『タイムマシンのつくり方』('73年3月)

(※引用にあたって日付表記を簡略化し、マークアップを少し変えてあります:引用者)

広瀬正・著書目録 (作成:長谷川様)

こうして見ると、これらの出版は、ほんの3年の間のできごとだと、わかる。早すぎたという皆の嘆きが、わかるような気もする。ということで、亭主にできることは何か。読むことである。よーし、読むぞー。(って入手できるのかなぁ。まだ半信半疑)。

末尾になりましたが長谷川様、貴重な書誌情報のまとめを、どうもありがとうございました。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/nobody/20050114

2005-01-13 132回

決定(一部他日記では既報)

A賞のはなし。132回のA受賞者は、阿部和重先生の『グランド・フィナーレ』。掲載誌は『群像』12月号らしい。阿部先生、よかったね。

賞状を見ていないので、コメントできない。

コメントというのは、もちろん、つくり話なわけですが。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/nobody/20050113

2004-09-24 ビーケーワン

[] 人力検索 00:17

こんばんは無体と申します。亭主留守中をあずかっております。いつもと、ちょっと文体が違ったり、とりあげる話題(というか書くことの方向性)が、違っているのは、そのためです。*1

えっと、このあいだのことでした。えっと、『BK1はてな?』で聞こうかと思いついたものを、メモしておこうかなぁ、それもいいかなぁ、とか。ところが、思いついたのはいいものの、しばらく手をつけられないでいたところ、すっかり忘れてしまって思いだせないのでした。ちょっとした手書きのメモでもいいから書いておけばよかったかもしれません。ではでは。

(Sun Dec 5 00:17 2004)

*1:いわゆる「中の人」は同じですけど。念の為。

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/nobody/20040924

2004-09-23 ジュヴナイル

[][][][] 筒井康隆 『わたしのグランパ』

なかなか本読みの進捗が思わしくない亭主である。が、よくよく考えてみたら、亭主、いつのまにか、『わたしのグランパ』も読了していたのだった。これについては、また日を改めて、書こうと思う。(が、書けない/書かない、かもしれない。いまいち自信がない。すいません)。(2004-10-31深夜記)

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/nobody/20040923