Hatena::Groupbook

ペペの読書被害報告書 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ネタバレ回避したい人は一覧をどうぞ。こっちが本家だったりするんだけど……。
本家:一般書籍書棚 / 小説 / 漫画・アニメ / 映画 / 金庸IME辞書

2006-05-05ネコソギハンガク

ネコソギラジカル

| ネコソギラジカル - ペペの読書被害報告書 を含むブックマーク はてなブックマーク - ネコソギラジカル - ペペの読書被害報告書

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種 (講談社ノベルス)ネコソギラジカル (上) 十三階段 (講談社ノベルス)

Book Review/ネコソギラジカル…無為式「完全密室犯罪」の一部始終。玖渚友―異常終了―以上修了。

ブックオフで全巻半額で売ってた……。クビシメまで買おうかな…どうしようかな?

2005-11-11傷つくのが怖いの、だって女の子だもん

クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子

| クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 - ペペの読書被害報告書 を含むブックマーク はてなブックマーク - クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 - ペペの読書被害報告書

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)

信頼を前提とした裏切りか、裏切りを前提とした信頼か――。

メフィスト賞は内容が無いエンタメとか斬って捨て、自己保身に躍起な凡人が多々いらっしゃるようですね。挙句の果てに、作者まで内容無しと戯言ってます。でも、クビシメ、クビツリときて、ますます青春してるような気がするよ。まぁ、はたから見れば痛春だろうけどさ、こーいうことを考える事こそが思春期の才能であり、特権であると思うんだよな。

そりゃぁ、世の中にはこーいうことを考えないまま成人できる幸福な奴も実際にいる。でも、だからってこーいう痛々しく、そして鬱屈した戯言に嵌ってしまうのも悪くは無いし、貴重な経験だと思うな。

自分が理解できないからって、自身の理解力を疑わずに、作品自体を貶めて安息を得るオトナにはなりたくないな。悪くは無かったけど、次へのツナギってかんじだった。

この作品の売りは、巻末の潤さんによる魂の叫びです!

2005-10-10

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識

| クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 - ペペの読書被害報告書 を含むブックマーク はてなブックマーク - クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 - ペペの読書被害報告書

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)

まず、序章を読んで思った。


「戯言が大幅にレベルアップしてるじゃん!!」


と、思ったら、次の章で時間軸が戻りレベルダ~~~ウン――≪下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、ただし自分に当たっちゃいました≫みたいなっ!

まぁ、いーちゃんの戯言が洗練されていくさまを篤とご覧あれ!(違

読後感は良いとは言えないな。だけど、ヘッセの『車輪の下』の方が脱力感満載だよ。もっとも、僕の狭い経験上ではクッツェーの『恥辱』以上に最悪な小説はないんだけどね――≪ノーベル平和賞受賞、ただし人類絶滅後≫みたいなっ!

もっとイロイロ書きたいけど、それは本家の方で完成させるかな。いずれにせよ、傑作です!クビキリとクビシメは上下巻とみなして問題なしです!

2005-10-05

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い

| クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い - ペペの読書被害報告書 を含むブックマーク はてなブックマーク - クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い - ペペの読書被害報告書

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

no title

いーちゃんが「起こってしまったことは仕方ない、今考えるのはこれが連続殺人に発展しないようにすることだ」って言ってるのってネジの1本や2本トんでると思うよ?

ぼくは極めて正常な判断だと思います。他にどうしろというのだろうか?鴉の濡れ羽では警察を呼んでも無駄ですし、いーちゃん達にとっても都合が悪いだけ。ただ、この小説にマトモな奴が出てこないというのは疑いようのない事実。だけど、常軌を逸っしているのは果たして彼らなのでしょうか?


≪あなたが殺されていい時がありますか?≫


本格ミステリーの必要条件である「殺人」。その異常さは常に看過されている。人の死をイベントと見なす――それをどうして正常と言いきれるのだろうか?クビキリサイクルでは死をパズルのピースとみなす「天才」達へ疑問が投げかけられる――。


「いつからここは人が殺されても平気な国になったの!?」

「名探偵?密室?首斬り?どこの言葉よそれ!」


本当なら疑われるべき狂気。それに疑問を投げかけ、尚且つ、別の狂気をもって克服する。それがクビキリサイクルであり、僕はそれを「脱本格ミステリー」と定義する。

一方、浅薄なキャラクター小説とも評されるようだ。確かに、「僕様ちゃん」なんてキャラクター付けのための1人称だ。だが、この中で示されているのは「ただ語尾を換える」といった安易なものではないはずだ。


では何か?


それは「生き様」だ。どの狂人も峻烈な生き様を魅せてくれる。その変人っぷりは我々凡人がすがり、共有するチンケな生命倫理をいとも容易く破壊する。

そういった点において、倫理形成が未熟な子供に読ませるには有害かもしれない、という危惧は極めて正常だ。しかし、それを憂慮するあまりに、この天才達の高潔な生き様とそれに畏怖を覚えながらも抱かずには得ない魔性の憧憬を看過してはならないはずだ。天才たちの共有する超倫理的倫理を正確に把握する事をサボり過ぎちゃ駄目だ。こいつらみたいなスゲェ生き物の辿り着いた空間が「良い意味での開き直り」なのか「悪い意味での開き直り」なのかを見定める必要がある。


「死ぬべき時節には死ぬがよく候。」


いつ死んでも構わないと言い放つ天才がどっちの人種なのか、しっかりと見極めて欲しい。それを怠れば、クビキリのトリック―道徳のスリ替え―に気付くことはできないだろう。本格未満の未熟児?内容のないキャラクター小説?そんなことを言っている凡人は所詮、西尾維新の手の上で踊っている道化に過ぎない……のかも。

まぁ、素直に踊らされているだけでも十分楽しいエンターテイメントでした*1ので、気楽に読めば良いと思いますよ。あまり小難しいことは気にしないでください。ほんの戯言です。


P.S. さすがに最後のスリカエはヒドイ……。赤音がお気にだった僕にはダブルパンチだタヨ。(涙 肝心の戯言遣いの戯言が一番陳腐だったのが肩透かしだったけど、それゆえの戯言か……。もっとハードな戯言に興味がある人は永井均でもドウゾ。正直、ブギーポップとかエヴァとか戯言シリーズとかが売れる理由はよくわかるよ。ちょっと背伸びしたい子にはピッタリ。(キノの旅もそーいった系統だよなぁ。)

*1:どこぞの作品で見たことあるような台詞もチラホラあるしね。

英語学習参考書の比較紹介

TOEIC, TOEFL, SAT, 英検一級程度の英語参考書などを紹介したHPも運営しています:「英語蝶人塾@Sacred Journey」 / 左記HPで紹介している英語学習教材の一覧:「英語蝶人塾@astore

英語学習に役立つリンク集

English / Vocabulary / Grammar / Dictionary / Podcast / Writing / Reading / Literature / Reference / Paperback

英語を極めたい!英語達人になる!


はてな:はてダ電波 / 【私書箱】 / Twitter