Hatena::Groupbook

結局最期は本が笑う このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-01-02

[][]ITの専門知識を素人に教える技 17:54 ITの専門知識を素人に教える技 - 結局最期は本が笑う を含むブックマーク

ITの専門知識を素人に教える技 (エンジニア道場)

ITの専門知識を素人に教える技 (エンジニア道場)

★★★★☆

第3章が中心内容だと思う。ITの専門知識とあるけれど、それに限らずモノを教える時に必要となるであろう方法が書かれていた。題材は、PCやプログラミング言語だったりするけれども。あと、教える時だけでなく、自学する時にも通じることだと感じた。

第4章は、実際に経験の浅い人に対して教えるという想定で、実践のノウハウが書かれていた。ただ、私は、知らない言葉が多かったので、用語の解説書のように読んだ。

目次
第1章 専門知識を教える技術を身につけよう
「教える」ことはプレゼンテーションではない
「教える」ことはコーチングではない
先進的な企業は「教える技術」の習得に力を入れ始めている
実は「分かりやすく説明」してはいけない時もある
情報量は多いほうが覚えやすい
第2章 教育を企画し、実行するプロセスを知っておこう
企画
一次資料収集
教材作成
プラクティス
メンテナンス
第3章 教材作成とプラクティスの17原則
直線性の原則、対称性の原則、階層性の原則、省略不可の原則、根本原理思考の原則、疑問先行の原則、 主従関係の原則、ダブルキーの原則、ドラマチックパターンの原則、シングルミーニングの原則、 スペース確保の原則、オーバーロードの原則、オーバーアクションの原則、ファシリテーションの原則、 テストの原則、口頭発表の原則、フィードバックの原則
第4章 IT専門家の「教える」技術実践習得編
ジョブ管理、OSIレイヤ3、L3スイッチ、スラッシング、仮想記憶、仮想アドレッシング、 メモリスワッピング、デマンドページング、ポインタその1、ポインタその2、ポインタその3、 RSS、トランザクション、2相コミット、PMBOK、EVMSその1、EVMSその2、PV、NPV、PDA
あとがき

2009-12-03

[][]数学に感動する頭を作る 19:11 数学に感動する頭を作る - 結局最期は本が笑う を含むブックマーク

数学に感動する頭をつくる

数学に感動する頭をつくる

★★★★☆

2009-11-28

[][]生き抜くための数学入門 20:00 生き抜くための数学入門 - 結局最期は本が笑う を含むブックマーク

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

★★★★

中学生向けに書かれた本だと思う。数学的な考え方、つまりは論理的思考力を身につけるように書かれた本。内容は、授業形式?のようなもので、3人と登場人物と筆者がいる。3人が発言したり考えた事に大して、筆者が疑問を投げかけたり方向を修正してあげたりしている。小学生の掛け算からはじまり、オイラーの等式まで話は及ぶ。もちろん、中学生向けの内容だから、難しい数式なんて出てこなかった。


数学ぎらいは幸せになれないか? 「生き抜くための数学入門」: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

2009-11-19

[][]本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本 19:49 本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本 - 結局最期は本が笑う を含むブックマーク

本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本

本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本

★★★★★★

これは、とても良かった。面白かった。

2部構成で、「本の未来を作る仕事」を紹介するパート、「仕事の未来を作る」マニュアルのパートと分けれている。前者が縦書き、後者が横書きという体裁を取っている。「本の未来~」というのは、普段本を読まないような人に、本に興味を持ってもらうために行われたプロジェクトが紹介されている。そして、筆者のメルマガを加筆修正されたポイントオブビューが載せてある。このポイントオブビューは、筆者の本に対する考えなどが書かれている。ポイントオブビューだけでも、読む価値はあると思う。

「仕事の未来」のパートは、筆者が仕事を辞めて今までの生活から得られたものをマニュアル化した内容。仕事は、お金を稼ぐだけじゃないと思ってる人に読んで欲しいと書いてあった。


プロジェクトは、とても魅力的なものが沢山載せてあった。特に印象に残ったのが、文庫本写真立て。文庫本の表紙をくりぬいて写真を挟んだだけの代物だけど、本の内容と写真の組み合わせでいろんな表現が出来そうで、面白そうだった。それと、クラフト紙に本を包んで、その表面に、本の一節だけを書いただけというのも面白そうだった。表紙や著者が全く見えないので、その書かれた一節だけを見て本を判断する。全く新しい本と出会えそうで面白そう。

マニュアルの方は、いくつか使えそうなものをメモしておいた。

[][]就活って何だ 11:53 就活って何だ - 結局最期は本が笑う を含むブックマーク

就活って何だ―人事部長から学生へ (文春新書)

就活って何だ―人事部長から学生へ (文春新書)

★★★★★

面白かった。人事部長のインタビューが全15社分が脈絡無く掲載されてる本。

よく知ってると思ってる企業でも、そんなことをやってたんだと気付かされるところがいくつかあった。

やはり、企業毎に求めるカラーは違うけれど、本質的な部分では求める人材は同じなんだと感じた。


参考:就活って何だ - Joe's Labo

2009-11-14

[][]新世紀メディア論 11:50 新世紀メディア論 - 結局最期は本が笑う を含むブックマーク

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に

★★★★