Hatena::Groupbook

まよねえずごはんの読書記録 RSSフィード

ここは「まよねえずごはん」というひとが、読んだ本をただ記録している場所です。便宜上評価を5段階で付けていますが、書評というよリ感想です。私がおもしろかったかどうかが絶対。なお、ライトノベルの感想はのべるのぶろぐさんにトラックバックを送信しています。

評価の基準

  • 0(無し)…………いますぐ窓から投げ捨てろ!
  • 1(★)……………一応最後までは読めました
  • 2(★★)…………可もなく不可もなく。まずまず
  • 3(★★★)………おもしろい
  • 4(★★★★)……とてもおもしろい。ひとに勧めたくなる
  • 5(★★★★★)…ありがとう。本当にありがとう。
なお「☆」は0.5点です。

より詳しくはこの場所はこのように使われています 2007年版をご覧ください。

2005-01-06

日向まさみち『本格推理委員会』

本格推理委員会

本格推理委員会

発売後わりとすぐに購入済みだったのを、やっと読了。

濃いキャラの父母妹と隣人に囲まれた自称普通の高校生、城崎修の一人称で描かれる、学校の怪談を発端とする事件の、顛末。

ずるいよ!

だまされた!

だまされた瞬間の衝撃に、もうそれしか言いようが無い。うん、よかった。

最近のはやりなのか、やる気の無い探偵役が、覚悟を決めて事件に取り組む、という流れ。『春期限定いちごタルト事件』(ISBN:4488451012)でもそんな感じ。戯言シリーズもやる気無いですね。これって「エヴァンゲリオン以降」だから何でしょうかね。できるのにやらないというのがシンジ君を思い起こさせます。

あとがきで、ライトノベルであると著者自身が言ってます。が、ライトノベルであるかは結構微妙なのかもしれない。新本格とか読んでる人でも普通に読めるらしい。新本格までライトノベルに含めてしまう人もいるみたいですが。

で、ライトノベルとして書いたなら、もっとキャラをはっちゃけさせるべきだったのではないかと。キャラ設定はほんとにライトノベルらしい。母は引きこもり作家だし、幼なじみはどこでも良く寝るし。ただ、タイトルの本格推理委員会のメンバーが、一応設定を見るとライトノベルしてるのに、あんまり突拍子もないことをしないので、普通の人に見えてしまって、魅力がなくなっていると思う。突拍子のないことをしたから魅力があるとはならないけど。

評価:4 ★★★★ いいんだけど、何か突き抜けない

もうちょっとミステリーとか読んだ方がいいのかなぁ……

トラックバック - http://book.g.hatena.ne.jp/mayoneez/20050106
言及ISBN/ASIN
  • 続水惑星年代記
  • 水惑星年代記 (ヤングキングコミックス)
  • 月刊 アフタヌーン 2007年 07月号 [雑誌]
  • 氷菓 (角川文庫)
  • 愚者のエンドロール (角川文庫)
  • すもももももも~地上最強のヨメ~(1) (ヤングガンガンコミックス)
  • クレイジーカンガルーの夏 (GA文庫)
  • ユーフォリ・テクニカ―王立技術院物語 (C・NOVELSファンタジア)
  • らき☆すた (1) (単行本コミックス)
  • 書店繁盛記
  • 岳 (2) (ビッグコミックス)
  • 岳 (1) (ビッグコミックス)
  • 月刊 アフタヌーン 2007年 05月号 [雑誌]
  • コミックハイ ! 2007年 4/22号 [雑誌]
  • きつねのはなし
  • 赤朽葉家の伝説
  • 図書館危機
  • 月刊 アフタヌーン 2007年 04月号 [雑誌]
  • 鴨川ホルモー
  • ガールガールボールシュートガール 2 (ヤングマガジンコミックス)
  • スミレ 16歳!!(2) (講談社コミックス)
  • 僕僕先生
  • ダヴィンチ 2007/03月号
  • 夜は短し歩けよ乙女
  • 彩雲国物語―想いは遙かなる茶都へ (角川ビーンズ文庫)
  • さよなら絶望先生(5) (講談社コミックス)
  • Dear Monkey 西遊記(3) (シリウスKC)
  • 電脳ビリーバーズ 1 (プリンセスコミックス)
  • 図書館内乱
  • 後宮(2) (KC KISS)