『20歳までに5000冊』企画

『20歳までに5000冊』企画 日誌

2006-12-05

[]邪魅の雫12月3日読了00:27

邪魅の雫 (講談社ノベルス)

邪魅の雫 (講談社ノベルス)

前半が重すぎ?最後にはそれが一応纏まるからいいんだけど、というか、その辺がこの作家の強さだと思うんだけど、読んでるときの「どこを迷走してるんだ?」的な不安感がかなりキツイ。京極じゃなかったら途中でやめてるとこだったよ。ただ、「京極だから」というマジカルミラクルワードがあるので。京極だからなんとかするだろう、というのもありますが、読み飛ばして萌えシーンがあったら大変、というのも大きかったりしてね。笑。学校で京極ファンの友達と話したりすると、皆必ず一回は「京極だから」と言うんだよ、本当に。それはなんだ、私が「ディックだから」と言って、ヘタレな部分も含めてディックかわいいよディックと言って許してしまう諦めてしまう、そういう作家萌えの境地に近い気がします……。