『20歳までに5000冊』企画

『20歳までに5000冊』企画 日誌

2007-03-23

[]ルーンの杖秘録 23:11

それぞれ、読み終わったのは3月16日、17日、19日、20日。

3巻の半ばくらいまではワクワクドキドキだったんですが、それ以降は……みたいな。予想しながら読んだら失敗しました。何も考えずに読むべきだった……。

見事なんですよ。伏線の張り方とか、アイテムを集めるポイントキャラクターの作り方・動かし方からなにからなにまで。小学生の頃読んでたらハマってた可能性大。ただ、それが仇になった。安定感がありすぎて突飛さがない。悪く言っちゃえば、デジャヴの塊。面白いんだけどなぁ。

先に出演させる声優決めて、キャラが出てくるごとに割り振っていくと、上手い具合に丸く収まります。その域まできてます。脳内アテレコ楽しかったです……というのが、一番の感想。カタカナで書かれているはずのキャラの名前が、途中から声優の名前に自動変換されてました。だからキャラほとんど覚えてない……。

で、やっぱり「ホークムーンホークムーン」っていう雄叫びが、どうやったら格好よく聞こえるか私には分からない。