『20歳までに5000冊』企画

『20歳までに5000冊』企画 日誌

2007-01-18

更新ストップさせたはずが。笑。たまぁに書きます、たまぁに。どんなに真剣に受験生やってても、心のどこかで本を読む人としての自分を忘れられないし。何か言いたい、と思ったらココしか場所がないし。

[]赤朽葉家の伝説1月18日読了22:26

赤朽葉家の伝説

赤朽葉家の伝説

おお!ステキ小説

よしながふみとの対談で吉田秋生の名前が出てきてて、ふと思い立って『吉祥天女』を読み返したんですが、そうなんだね、要は小夜子なんだ。ちょっと違うけどさ。自分の中であまりにスポッと落ち着いちゃったので、これ以上語る言葉が無くて困ってるんです、実は。言葉には出来ないけど納得しちゃったものって、言葉に出来ないけど納得できないものよりも語りにくい。

瞳子は私の1コ下だから年齢は一番近いのに、瞳子にはあんまり共感できなくて、万葉パートベスト。出目金と万葉のシーンがイイ。いじめっ子の出目金が、いじめの対象にしてた万葉にしか助けを求められないのとか、キュン!って感じ。出目金と万葉が男だったら大変な萌えで朝まで悶え踊り猛り狂ってしまうところだった。もちろん、万葉出目金!

一つゴニョゴニョ言いたいことがあって、私は大学受験の評論文を読まされているのだろうか、という気分にさせられすぎる。特に万葉パート。それを書こうとしているんだろうから試みとしては成功してるんだろうけど。このテの本を読んで研究したのかしら、みたいな?

あぁ、でも、いいと思うのよ。同じ時代を生きてる感じがあって。この小説って10年前だったら絶対出てこなかったし、10年後にもたぶん出てこなくて、今だから出てくる小説で、そういう意味でスゴク貴重で面白い小説じゃない?

万葉が死んじゃった時の出目金の描写で、キュンとしたあまりにボロボロ泣いた。袖口ビショビショにしちゃったのを母親に見つかってわけを聞かれ、「本読んでてバカ泣きした」って言ったら呆れられちゃった。そんなセンター二日前。

2007-01-11

ちょっとお休みします。 01:11

今年初更新なのにアレですが、受験生業が忙しくなってきたので、っつーか修羅場なので、しばらく休みます。けっこう悩んだんだけど、本の神さまに相談したら、やるときはやりなさい、って言われてしまった。中途半端はよくない。戻ってくるのは2月末か3月頭か。絶対戻ってきます。やるときはやらんとね!大学受験人生でたぶん1回しかプレイしないゲームなんだもの。楽しんで修羅場って死にそうになってくたばるくらいのことはしないと!

では、しばしのあいだ、消えます。あ、でも日記たまに書く予定でいます。ではでは