『20歳までに5000冊』企画

『20歳までに5000冊』企画 日誌

2006-01-07

[]どうで死ぬ身の一踊り(群像9月号)(1月6日読了12:43

読んでる途中であまりのアレっぷりに笑いたくなりました。電車の中で必死にこらえちゃった。これが受賞ってことはまず無さそうだけど、笑えるから許す。最初は腹が立つ、っていうかバカかお前は、って思ってたんだけど、最後のほうはもう笑うしかないっ、と心の中で爆笑。

細かいことを言えば、言葉の選び方が私好みじゃない。硬い文にしようとしてるのかと思うんだけど、そこに流麗さがないんだよねぇ。句読点の打ち方が、なんとなく気に入らない。リズムが嫌。計算してやってるのか何なのか分かんないけど。私への嫌がらせとしか思えん。

いや、でも嫌いじゃないよ。