『20歳までに5000冊』企画

『20歳までに5000冊』企画 日誌

2005-11-20

[]アジアの岸辺(11月19日読了20:25

アジアの岸辺 (未来の文学)

アジアの岸辺 (未来の文学)

最近ディッシュの作品をたまーに読む。嫌いじゃない。むしろ好き。でも、嫌な小説書くなあ。

ディッシュの作品の登場人物って、世界から疎外されてると思う。子供向けの人形劇みたいな、かきわりの背景の中で、なぜか登場人物だけが立体で、決して混ざり合うことがない。どうしてこいつはここに居るんだろう、っていう違和感があって、それが何とも嫌だ。で、登場人物自身もその違和感から抜け出そうとしているのに、作品における絶対者である作者がそいつをその世界に投入してしまった以上、そいつは抜け出すことができない。あー嫌だ嫌だ。面白いけど好きだけど。

[]土の中の子供11月19日読了20:25

土の中の子供

土の中の子供

あんまり好きじゃない。っていうか、基本的に芥川賞受賞作家は受賞作品じゃないものの方が好きな場合の方が多いことを考えれば予想の範囲内か。

言いたいこともやりたいことも分かるんだけれど、これだけ?って感じがしなくもない感じ。主題だけで一作品まるまる使ってもいいけどさー、あんまりなー。ってな感じで。ネタが多ければ多いほど良い、ってもんでもないけれど…。

うっかり母親に読ませなくてよかった…。私の机の上に積んであるのを見て「読む」とか言って持って行ったんですが、10分もしないうちに返ってきた。怖いからやめる、んだそうです。10ページも読まぬうちに脱落。あれが読めなかったら何が読めるんだろう…。

[]あたしの中の……11月17日読了20:25

あたしの中の……

あたしの中の……

いやー、今と文章があまりに違うから驚いた。でも、書いてるものの雰囲気は変わらないあたりが、新井素子新井素子たる所以か。

共感とかは無かったけど、面白かった。