『20歳までに5000冊』企画

『20歳までに5000冊』企画 日誌

2005-11-10

[]ロボット文明(11月9日読了21:13

流刑地に使われている惑星《オメガ》に流された主人公が、そこを脱出して地球に戻るんだけど、実は世界は…!みたいな話でした。って全然分からんな、この説明。無法者であったはずの主人公が、実は厳格な法によって操られていたーという意外性もさることながら、そこに「ロボット」が絡んでくることによって生まれるゾゾーッとする感じが面白い。