『20歳までに5000冊』企画

『20歳までに5000冊』企画 日誌

2005-06-15また溜めた…

[]SFスト201 20:34

SFベスト201 (ハンドブック・シリーズ)

SFベスト201 (ハンドブック・シリーズ)

ほどよく纏まっていて良い。こういうガイド本は面白くて好き。

[][]野望円舞曲20:34

経済がらみの話になると途端に読むのが面倒になる。いや、なんか別に理解できなくてもいいか…な……なんて思って読み飛ばし気味になってます。話の中身もなんかダル~い感じになってきた。何でもいいからとっとと話を進めてほしい。伏線を張らなければいけないのは分かるが話がそれに終始していて、結論だけ知りたいなぁ、なんて思わないこともない。

[]子供たち怒る怒る怒る 20:34

子供たち怒る怒る怒る

子供たち怒る怒る怒る

ほほう。しかしいつもいつも妹だな。そんなに妹って重要ポジションなのか?

なんてことはともかく。どうして彼はいつも子供を描くのか、というのが不思議でならない。でもこれが子供でなかったら彼が書こうとしていることは書けないと思う。佐藤友哉の描く子供には「歪み」がある。どう考えてもあの年の子があそこまで生死の危険に晒され、世界の不条理さについて考えることなんてない。でもその解決(もしくは反抗)の方法は子供の思考でしかない。その微妙なチグハグ感がただの猟奇的な物語に捻りを与えて、物語全体に変な感じを与える。その変な感じが好きか嫌いかは人によって大きく分かれるところだろう。

でもコレ、ちょっと上手くまとまりすぎてませんかね。「歪み」が予定調和っぽく収束しすぎちゃった、という印象がある。でもリーダビリティは高いし、読んでいてストレスを感じさせないところはすばらしい。

[]オレ様はワルガキッド 20:34

オレ様はワルガキッド (電撃文庫)

オレ様はワルガキッド (電撃文庫)

うざいよ…。文体が…。途中で読んでて放り出したくなりました。文章にいまひとつ統一感がないような気がする、っていうか一生懸命キャラを立たせようとしてる感があるんだけど、地の文体がふにゃふにゃしてて垂直に立ててたつもりが斜めにささっちゃいました、みたいな雰囲気。次が出ても読まないだろうな…。