『愛をめぐる奇妙な告白のためのフーガ』を読む人へ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-27悪の華続き

asin:47885017325*私は泣いた asin:4788501732:5*私は泣いた - 『愛をめぐる奇妙な告白のためのフーガ』を読む人へ を含むブックマーク

琴音さんのブログ『愛をめぐる奇妙な告白のためのブログ』の『フーガ』の幻のあとがきに、お母さんに、アリスミラーを読ませたいけど、読んでくれないから、小説にしたって書いてあった。子供の頃の心の傷から立ち直る話。私は、この本を読んで、何度も、何度も、泣いた。自分が、どうして、リスカなんかやってたのかわかったから。かわいそうな私、そう思って泣くことは、まだ、できない。でも、初めて、人に許された感じがした。『愛をめぐる奇妙な告白のためのフーガ』を読んだ時も同じだった。許された気がした。

子ども時代の扉をひらく―七つの物語

子ども時代の扉をひらく―七つの物語





禁じられた知―精神分析と子どもの真実

禁じられた知―精神分析と子どもの真実



才能ある子のドラマ

才能ある子のドラマ



真実をとく鍵―作品がうつしだす幼児体験

真実をとく鍵―作品がうつしだす幼児体験





闇からの目覚め―虐待の連鎖を断つ

闇からの目覚め―虐待の連鎖を断つ



アリスミラーの本は、精神的、肉体的虐待子供時代に受けた人々を癒すためのものだと思う。まず、虐待を受けていたことを自覚すること。とても難しい。親って、大切だから。でも、まず、それを受け入れないことには、自傷行為犯罪・薬物中毒、いろんな害悪から立ち直れないという。自分で何かおかしいと思う人は、是非、読んで欲しい