電撃作家

電撃作家

言葉が生まれた背景

電撃文庫は、他のライトノベルレーベルよりも、新人発掘に力を入れていた。また、電撃ゲーム小説大賞、現電撃小説大賞は、非常に個性的な作家が登場し、また「自社の賞からデビューした作家は面倒を見る」という方針からか、個性的で、また、自社以外の出版社から出版しない作家が多いことから言われる。

ライトノベルの中でも「富士見作家」や「スニーカー作家」「ソノラマ作家」などといわれないが、電撃文庫から出版する作家だけ特に「電撃作家」とよばれることが多い。