日本ペンクラブ

日本ペンクラブ

  • にほん ぺん くらぶ

日本ペンクラブは、「インターナショナルP.E.N」の一環を担う、国際的な、ポエット、エッセイスト、エディター、ノヴェリストたちの組織であり、創作と出版、言論表現と思想の自由をもって世界の平和に貢献しようと努めています。

(公式サイトより)

  • P.E.N.の意味

日本ペンクラブが日本有数の文化団体として活躍していることは、広く知られていることと思います。しかし、その名の「ペン」が文字を書くペンだと思っている方も多いでしょう。

ペンクラブの「ペン」は、ポエト(詩人)、プレイライト(劇作家)のP、エディター(編集者)、エッセイスト評論家)のE、ノベリスト(小説家)のNを合わせたP.E.N.を表しているものです。もちろん、文字を書くペンの意味も下敷きにしてありますが。

国際ペンの創立者、イギリスのドーソン・スコット女史は1917年から「トモロー・クラブ」という新人作家のためのクラブを作っていましたが、1921年の会合でP.E.N.というネーミングを思いついたそうです。国際ペンの第1回大会は1923年でした。

日本ペンクラブ定款によると、会員の構成として、「この法人は、文筆に従事し、この法人の趣旨に賛同して加入した者をもって組織する」と、アッサリ書いてありますが、「文筆に従事し」とは、P.E.N.のいずれかに属していることを意味しています。

日本ペンクラブの目的は、言論、表現、出版の自由の擁護と文化の国際的交流の増進ということが定款にうたわれています。従って日本ペンクラブの事業は、すべてこの目的に沿った文化活動で、そこに会に性格が集約されています。

同じ文筆家の団体でも、日本文藝家協会文筆家の職能擁護を目的としており、両団体の区別ははっきりしています。

日本ペンクラブの会員は、正会員、名誉会員、賛助会員、客員会員の四種類です。

  • <正会員>

会員の大部分を占めているのが正会員です。前述の会員資格に合致している個人、つまりP.E.N.のいずれかなら、国籍を問いません。ただし、他のセンター(たとえばイングリッシュセンター)の会員で、そこの議決権をもっている人は正会員になれません。

  • <名誉会員>

日本ペンクラブに長く在籍し、高齢になった方を理事会が推薦、総会の議決で名誉会員にします。名誉会員の権利は正会員と同じですが、会費はいただきません。

  • <賛助会員>

日本ペンクラブの事業を援助してくださる個人または法人は、理事会の議決で賛助会員になっていただいております。

  • <客員会員>

政治的抑圧を蒙っている外国の獄中作家などのうちから、理事会の議決によって客員会員とし、仲間として支援の意を表します。

(公式サイトより)

関連サイト

* はてなダイアリーキーワード:日本ペンクラブ